電気代・電気料金2016/11/21

ENEOSでんきと東燃ゼネラルを比較!電気代が安くなるのはどっち?

ENEOSでんきと東燃ゼネラルの電力量料金を比較

ENEOSでんきと東燃ゼネラルはどちらもガソリンスタンドの運営を行っているため、私たちに身近なエネルギー企業の一つと言えます。両社とも電力自由化で新電力として電力市場に参入していますが、気になるのがその電気料金プランやサービス内容ではないでしょうか。そこで、それぞれの電力量料金を比較して、現状よりも電気代を下げられるのか見ていきましょう。 ・ENEOSでんき(1) 最初の120kWhまで1kWhあたり…20.76円 121kWh以上300kWhまで1kWhあたり…23.26円 301kWh以上1kWhあたり…25.75円 ・東燃ゼネラル(従量電灯B)(2) 最初の120kWhまで1kWhあたり…20.68円 121kWh以上300kWhまで1kWhあたり…25.08円 301kWh以上1kWhあたり…25.45円 ENEOSでんきと東燃ゼネラルを比較してみたところ、パッと見たところではENEOSでんきのほうが電気代を下げられそうですね。次に、一般社団法人省エネルギーセンターが発表している1世帯1ヶ月あたりの平均使用電力量の約369kWhをモデルケースにして計算してみましょう(3)。 ・ENEOSでんき 1段階目 …120×20.76=2,491.2円 2段階目 …180×23.26=4,186.8円 3段階目…69×25.75=1,776.75円 電力量料金=8,454.75円 ・東燃ゼネラル 1段階目 …120×20.68=2,481.6円 2段階目 …180×25.08=4,514.4円 3段階目…69×25.45=1,756.05円 電力量料金=8,752.05円 このように、ENEOSでんきは約8,454円ということで、東燃ゼネラルの約8,752円よりも1ヶ月あたり約297円、年間では約3,560円も安くなることが分かりました。ここまでで分かることは、殆どの家庭の場合ENEOSでんきのほうが安くなりますが、毎月の電気使用量が120kWhに満たない家庭の場合は東燃ゼネラルのほうが安くなるということです。しかし、エアコン(2.2kWhタイプ)の平均的な冷房時消費電力が513Wということですから、1日3時間程度使用すれば1周間で120KWhを超えてしまいます(4)。つまり、一人暮らしでも電力使用量を120kWh以内に抑えるのは難しいため、ENEOSでんきのほうが安くなると考えて問題無いでしょう。

ENEOSでんきのメリットとデメリット

電力自由化で新電力として参入したENEOSでんきは、ガソリンスタンドで給油をした際に燃料代を割り引くサービスを行っています。ENEOSカードで電気料金を支払っていることが条件になるものの、店頭価格からさらに1円/L引きで給油できます。また、『にねんとくとく割』というサービスがあり、最初の2年間は1kWhあたり0.2円引き、3年目以降は1kWhあたり0.3円引きになるサービスも行っています。さらにENEOSでんきと特別提携しているクレジットカードで電気代を支払うとポイントやマイルを貯められるなどお得度が高いものになっています。ただし、『にねんとくとく割』を解約する際は1,000円プラス消費税の違約金が発生する点に注意しましょう。 (5)。

東燃ゼネラルのメリットとデメリット

ENEOSでんきには割引きサービスがある一方で、東燃ゼネラルは割引サービスの提供をしていないようです。電気の見える化サービスにより、短期間の使用電力量や電気代が分かるようになっていますが、このサービスはENEOSでんきでも行っているため、大きなメリットとは言えません。ただ、ENEOSでんきでは解約違約金が発生するケースがありますが、東燃ゼネラルは自動更新の1年契約方式で、違約金も発生しない点がメリットです。また、デメリットと呼べるようなものが無いため、今後のサービス強化に期待したい新電力と言えるでしょう(6)。

電力自由化は電気料金が下がる大きなチャンス!

電力自由化で新規参入した新電力は多くありますが、その中からどこの電力会社を選べば良いのかが悩みどころですよね。今回、比較から東燃ゼネラルよりもENEOSでんきのほうが電気料金が安くなることが分かったように、新電力各社の比較から分かることが多くあります。電力自由化で新電力との契約を考える際は、積極的に比較してみましょう。

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)料金メニュー|ENEOSでんき|JXエネルギー、JXエネルギー株式会社、http://www.noe.jx-group.co.jp/denki/charge/、2016/06/10引用 (2)一般のご家庭のお客様、東燃ゼネラル石油株式会社、http://mydenki.jp/private、2016/06/10引用 (3)平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書、一般社団法人省エネルギーセンター、 平成25年2月、P3 http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2013fy/E003416.pdf、2016/06/10引用 (4)省エネ機能カタログ2015年夏版、経済産業省資源エネルギー庁、P17、 詳細はこちら、2016/06/10引用 (5)割引・特典|ENEOSでんき|JXエネルギー、JXエネルギー株式会社、http://www.noe.jx-group.co.jp/denki/benefit/、2016/06/10引用 (6)myでんき | 東燃ゼネラル石油、東燃ゼネラル石油株式会社、https://mydenki.jp/、2016/06/10引用

この記事を見た方はこちらも見ています