電力会社2016/10/13

四国電力と関西電力の違いは?徹底比較でよりお得な電力ライフを!

四国電力と関西電力のどちらがお得な電気料金になるのでしょうか。電力自由化がスタートし、四国電力は関西電力エリアで電力供給を開始しましたが、どちらの電力会社と契約するとメリットが大きいのかは分かりにくいところもあります。そこで、四国電力と関西電力の違いについて、電気料金プランやサービス、電源構成などを比較してみました。

はじめに

電力自由化がスタートした2016年4月以降、一般家庭の多くで電気料金を下げられる可能性が高まっています。しかし、電力会社によって異なる電気料金プランやポイントサービスは豊富にあるため、契約変更するにしても分からない部分が多いもの。そのような中で、四国エリアで電力供給を行ってきた四国電力は関西電力エリアでどのようなサービスを行っているのでしょうか。

四国電力とは?

四国地方の電力を支える四国電力には64ヶ所の発電所があります。地域活動にも積極的に参加するなど地元ともに歩む電力会社です。

提供している四国電力はどんな会社?

四国電力は2106年4月に開始した電力自由化で首都圏や関西圏など、これまでの四国エリア以外にも電力供給を行っています。電力自由化に伴い『よんでんコンシェルジュ』など新たなサービスを追加して電力他社と差別化を図っています。 社会貢献活動としてエネルギー教育や環境保全活動、国際交流など地域との繋がりを大事にしている企業です。

四国電力のこれまでの電気の販売実績

四国電力は四国地方に水力発電所58ヶ所、火力発電所4ヶ所、原子力と火力発電所を各1ヶ所の計64ヶ所の発電所があり、平成27年度には257億5400万kWhの電力を販売しています。平成23年度は284億を超える販売電力量でしたが、販売量は年々下落傾向にあるようです(1)。

四国電力と関西電力の違い

四国電力と関西電力ではどのような違いがあるのか、電気料金とポイントサービス、電源構成などを比較してみましょう。毎日使用する電気ですから、できるだけお得な電力を使いたいと思うもの。一体、どちらの電力会社にメリットがあるのでしょうか。

四国電力と関西電力の従量電灯Aの違い

やはり気になるのは電気料金という方は多いでしょう。四国電力ではユニークな電気料金プラン名が特徴のようですが、関西電力と比べてどれだけお得になるのでしょうか。

料金表の違い

四国電力が関西電力エリアに新規参入で導入した電気料金プランは定額制のメニューです。以下、詳細を見ていきましょう。

○四国電力(2)
ブループラン(毎月の電気使用量が200kWh以上の方向け)
定額料金…200kWhまで5,000円
電力量料金…200kWhを超える場合は30.30円/kWh

オリーブプラン(毎月の電気使用量が300kWh以上の方向け)
定額料金…300kWhまで7,800円
電力量料金…300kWhを超える場合は30.30円/kWh

オレンジプラン(毎月の電気使用量が500kWh以上の方向け)
定額料金…500kWhまで13,000円
電力量料金…500kWhを超える場合は29.50円/kWh

○関西電力(従量電灯A) (3)
最低料金 最初の15kWhまで…373.73円
電力量料金
15kWh~120kWhまで…22.83円/ kWh
120kWh~300kWhまで…29.26円/ kWh
300kWh超過…33.32円/ kWh

このようにそれぞれの料金表は定額制と従量制ということで、料金表だけでは四国電力と関西電力のどちらがお得かは分かりにくくなっています。そこで、各プランの電力使用量から、電気料金がどうなるのか見ていきましょう。

計算結果

まず、気をつけなければならないのは、四国電力の電気料金プランは電力使用量に応じて定額料金と従量料金が変わることです。他社と比較する以前に四国電力内の電気料金プランに注目しておきましょう。たとえば、ブループランを契約している方が350kWhの使用電力量になってしまった場合、電気料金は9,545円です。

しかし、オリーブプランの方が同量の使用電力量だった場合は9,315円で済みます。僅か230円の違いですが、230円の電気料金を節電で取り戻すには大変ですから、細かい部分を気にすることが大切です。では、四国電力と関西電力の比較です。ブループランで200kWhの使用電力量だった場合の電気料金ですが、四国電力は5,000円、関西電力は5,111.68円で中国電力が約111円お得です。

オリーブプランで使用電力量が300kWhだった場合、四国電力は7,800円、関西電力は8,037.68円で四国電力が約237円お得になります。そしてオレンジプランで500kWhの使用電力量だった場合、四国電力は13,500円、関西電力は14,701.68円で四国電力が約1,201円お得です。

こんな人はお得!

上記の結果、いずれのプランでも四国電力がお得という結果になりました。では、関西電力は絶対にお得にならないのかといえば、そうではありません。ブループランは200kWhまで5,000円の定額制ですので、これよりも電力使用量が少なくなる単身世帯では関西電力がお得になるケースもあるのです。

たとえば、使用電力量が195kWh以内で収まった場合、関西電力の電気料金は約4,965円になるため、四国電力よりもお得です。つまり、使用電力量が200kWhを分岐点に考え、これよりも少ないなら関西電力、多いなら四国電力というように考えると良いでしょう。

また、300kWh超過分の従量料金単価は四国電力のほうが割安になるため、電力使用量が多いほど四国電力の電気料金はお得になるというメリットがあります。

四国電力と関西電力のポイントの違い

ここからは四国電力と関西電力のポイントサービスを見ていきます。四国電力は『よんでんポイント』、関西電力は『はぴeポイント』とありますが、それぞれどのような内容なのでしょうか。

ポイントの種類の違い

四国電力の『よんでんポイント』は、四国電力が提供する『よんでんコンシェルジュ』というサービスの利用でポイントを貯められる仕組みで、電気使用量の確認やゲーム参加がポイント付与の対象です。ポイントは四国の特産品や他社ポイント、商品券などへの交換できるというメリットがあります。

関西電力は『はぴeポイント』というポイントサービスです。ポイントを貯めるには毎月1回ログイン、アンケート回答、スタンプカードなどがあります。貯めたポイントは日用雑貨、提携先企業のポイントへ交換できます(4)。

年間でつくポイントの量の違い

四国電力が提供する『よんでんポイント』は、電気料金に応じてポイントを貰える仕組みではありません。あくまでも自分からコンテンツに参加してポイントを貰えます。 一方、関西電力の『はぴeポイント』は年間1,500円相当以上のポイントが貯まる可能性があり、その還元率は0.5%程度になるようです。

こんな人はお得!

『よんでんポイント』がどれだけ貯められるのかは明記されていないため、正確なところはわからないものの、コンテンツ参加でポイントが貰えるということですから、無駄なく上手にポイントを貯めるには『よんでんコンシェルジュ』の積極利用がカギを握っているようです。

四国電力と関西電力の電源構成の違い

四国電力の電源構成は火力発電の割合が52%で最も多く、次いで原子力の30.5%、水力17.3%、新エネルギーの順で続いています(5)。関西電力の電源構成は天然ガスが44%、石炭25%、石油・その他15%で火力発電による電力供給が全体の84%を占めます。次いで一般水力11%、新エネルギー等3%となっています(6)。

こんな人は要チェック!

四国電力では火力と原子力、関西電力は火力と、どちらも環境へのリスクが大きい電源に頼っています。発電コストの安さを考慮すると致し方ない部分もあるのかもしれませんが、より安全に安心して暮らしていけるようになるためには、再生可能エネルギーの活用が肝心だと言われています。

四国電力では水力発電の効率向上や太陽光や風力の積極活用を目指しているなかで、太陽光発電において接続可能量は2012年から2015年までに4倍に増加させています。今後のさらなる増加に向けて取り組んでいるようですから、注目しておきたいところですね(5)。

関西電力から四国電力への変更方法

関西電力から四国電力へ契約変更する際は、インターネットから申し込みを行います。専用のフォームにメールアドレスを入力すると折り返しのメールが届くため、さらに続けて申し込みを行います。Web上の手続きが難しくてわからないという方は、四国電力に電話で確認しましょう。

注意点

四国電力と契約手続き完了後、実際に電力供給が開始されるまでには3~10日程度必要です。四国電力に切り替えると検針票や請求書などは一切届かず、すべてWeb上での確認に変更されます。

本当に安くなるかをあらかじめ計算してみる

四国電力への契約変更で電気料金がお得になるメリットがあると考えられますが、実際にお得になる金額は家庭ごとに異なります。ですから、毎月の使用電力量が記載された検針票を元に再度計算してみることをおすすめします。

四国電力の入会・解約条件

四国電力に加入するには、電気料金の支払いは原則としてクレジットカード払いのみになるという条件があります。契約期間は原則1年と定められていますが、期間内に解約した場合でも解約違約金は発生しません。ただし、契約変更時に工事を伴った場合、1年未満の解約では工事費用を請求される可能性があります。

まとめ

関西電力から四国電力への契約変更で電気料金がお得になる家庭が多いようです。電力自由化に求めるものが電気料金の引き下げだという方は、特に四国電力に注目し、さらに電力自由化で参入している他の新電力とも比較してみましょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元)
こちらは以下を参照しています。
(1)四国電力の業績概要-四国電力-、四国電力株式会社、http://www.yonden.co.jp/、2016/08/28引用
(2)[関西エリア] ご家庭(個人)のお客さま | 料金メニュー、四国電力株式会社、http://www.yonden.co.jp/、2016/08/28引用
(3)従量電灯A│関西電力 個人のお客さま、関西電力株式会社、http://www.kepco.co.jp/、2016/08/28引用
(4)はぴeポイント [関西電力]、関西電力株式会社、http://www.kepco.co.jp/、2016/08/28引用
(5)四国電力の概要と現況、四国電力株式会社、2016年5月、http://www.yonden.co.jp/、2016/08/28引用
(6)数字でみる関西電力[関西電力]、関西電力株式会社、http://www.kepco.co.jp/、2016/08/28引用

「電力会社」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています