電気代・電気料金2016/10/04

ローソンで公共料金を払うならこうすればお得!

ローソンで公共料金を支払うならどんな払い方がお得?

ローソンで公共料金を支払う際、普通に支払うよりもお得になる方法があるのでしょうか?振込用紙による公共料金の支払いでは金融機関の窓口とコンビニを選ぶことができますが、コンビニで支払うメリットは24時間いつでも支払うことができる点です。しかし、コンビニの種類は多いため、どのコンビニを選べばよいか迷う人もいるでしょう。数あるコンビニの中でローソンを選んで公共料金を支払うのであれば、少しでもお得に利用できる方法を知ってきたいところです。 ローソンで買い物をするときは、現金の他にも各種クレジットカードや電子マネーで支払うことができますが、残念ながら公共料金の支払いに関してはクレジットカードや電子マネーは使えません。電子マネーnanacoで公共料金を支払えるセブンイレブンと比べるとローソンは現金に限られているため、その点に関しては残念と言わざるを得ません。しかし、nanacoで公共料金を支払えるセブンイレブンでも公共料金の支払いにはnanacoポイントは付かないため、支払いに関しては現金でも電子マネーでも差は生まれません。ローソンで公共料金を支払うとき少しでも得しようと思ったら、Pontaカードやdカードを提示して来店スタンプを貯めるくらいしかないのが実状です。(1)

ローソンでは公共料金の支払いでポイントが貯まるキャンペーンを行っていた!

ローソンでは公共料金の支払いは現金に限られているため、クレジットカードや電子マネーのポイントを貯めることができません。ですから、振込用紙での支払いには何の得もないようにも感じられます。しかし、過去には公共料金の支払いを現金で行っても、Pontaカードやdカードにたくさんのポイントが付与されるキャンペーンが行われたことがあります。一般的によく見かけるローソンではなくローソン100でのキャンペーンでしたが、2016年5月10日から6月6日まで抽選で1,000名に1,000ポイントがプレゼントされるというキャンペーンが行われていました。(2)ですから、コンビニで支払うときは、そのときに行われているキャンペーンを見落とさないようにすることも大事です。

ローソンでの支払いにこだわるなら根本的な見直しも必要!

生活圏に公共料金を支払えるコンビニがローソンしかない場合、現金でしか支払いができず、ポイントもつかない支払い方法を続けるのはあまりよい方法とは言えません。公共料金の種類によっては支払い方法を口座振替やクレジットカード払いに変えるだけでお得になるため、支払い方法を見直すことも考えましょう。例えば、電気料金は電力自由化以前からの電力会社では、口座振替に変えるだけで毎月54円の割引を受けられます。ですから、従来の電力会社を利用しているのであれば口座振替に切り替えたり、クレジットカード払いにしてポイントを付けたりする方がお得です。(3)口座振替とクレジットカード払いではどちらがお得になるかは電気料金の金額やクレジットカードのポイント還元率によって変動しますが、毎月の料金を確認して計算してみれば、どちらがお得になるかわかります。 電力自由化以降はPPSの電気料金も選べるようになったためPPSの料金同士を比較して、よりお得な電気料金を選ぶ家庭も増えています。電力自由化でPPSとの競争が始まったため、従来の電力会社も電力自由化以降は新しい料金メニューをプラスしています。ですから、電力自由化のチャンスを上手に活かして、PPSと従来の電力会社の電気料金プランをしっかり比較することが大事です。 公共料金には電気料金以外にもプランや支払い方法を選べるものもありますから、お得な支払い方や料金プランを選んで少しでも得できるようにしましょう。 (参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)ローソン/Home>ポイントカード来店スタンプ(2016年8月28日引用) http://www.lawson.co.jp/ponta/dstp/ (2)ローソン100ストア/HOME>トピックス>公共料金のお支払でPontaポイント1000ポイントが当たるチャンス!5月10日(火)~6月6日(月)まで(2016年8月28日引用) http://store100.lawson.co.jp/newentry/topics/detail/1269413_5006.html (3)東京電力エナジーパートナー/トップページ > 電気料金・省エネ・各種お手続き:個人のお客さま > お支払方法の変更 > 口座振替のサービス(2016年8月28日引用) http://www.tepco.co.jp/ep/private/payment/payment03.html

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています