ガス会社2016/10/05

東京ガス料金支払い時のポイントは?お得な支払方法を知ろう!

東京ガス料金支払い時のおすすめは?

東京ガス料金支払いの方法としては、クレジットカード、請求書、口座振替があります。実は東京ガス料金支払いにおいて、大手都市ガスの中では非常に稀な割引制度を実施しているのです。それは、口座振替によるガス代の割引です。

東京ガス料金支払いを口座振替によって行うと、毎月税込み54円がガス代から割り引かれます。(1)年間で648円のガス代節約につながりますので、大変お得な方法と言えるでしょう。

もちろん口座引き落とし以外に条件はありません。東京ガス料金支払い時には、口座振替だけで割引が受けられることを覚えておいてくださいね。また、ほかの支払方法としてはクレジットカードがおすすめです。

クレジットカード支払いは東京ガス料金支払いにも使用でき、クレジットカード会社が決めた還元率に従ってポイントが獲得可能です。国内外のほとんどのカードブランドで東京ガス料金支払いが可能ですので、カードが使えないというケースは稀でしょう。

例えばクレジットカードの還元率が1%の場合、毎月の東京ガス料金支払い額が5,400円以上であれば、口座振替よりもお得なことになります。また、たとえ5,400円以下であっても、ポイントをほかのサービス使えることがあるため、口座振替と比較しながら検討してみてください。

2017年4月からはガス自由化が開始!

東京ガス料金支払い時は口座振替もしくはクレジットカードでの支払いがお得です。しかし2017年4月から開始されるガス自由化では、このような割引やポイント還元とは別のメリットが生まれる可能性があるでしょう。2016年4月からの電力自由化で、電気料金が多様化したのと同様の動きが予想されるためです。

電力自由化後、電気料金プランは一気に増え、多くの電力会社から付帯サービスやセット割引が提供されています。価格競争はもちろんのこと、ポイント提携やガソリン代・ネット費用の割引など本来電気と関係のない分野にまで影響が及んでいるのです。

このような電気料金プランの変化を考えていくと、ガス自由化後も価格やサービスの競争が激しくなり、消費者にとって割引以上のメリットをもたらすということが考えられます。ガス自由化前の東京ガス料金支払い時は、54円の割引かクレジットカードポイントの獲得のみがメリットでしたが、ガス自由化によって多種多様なメリットが発生するかもしれませんね。

電気料金プランとのセットが増える?

東京ガス料金支払い時に、電気料金も合算して支払う契約があります。これは東京ガスが提供しているガスと電気のセット割引によるもので、光熱費を削減できる手段として人気です。これと同様のプランが、ガス自由化後に増えていく可能性があります。

電気とガスは生活に欠かすことのできないエネルギーであり、光熱費の大半を占めるものですよね。また、電力会社は発電に使うためにガスを扱っており、ガス会社はガスを使った発電が可能です。つまり都市ガス(液化天然ガス)と電気は非常に密接な関係にあるエネルギーなのです。

電力自由化で多くのガス企業が電力市場へ参入したように、ガス自由化では電力会社がガス市場に参入してくるでしょう。そうなれば、電気とガスのセット契約が増えるという理屈です。東京ガスをはじめとしたいくつかのガス企業が『総合エネルギー企業』を目指すというのも、自然な流れなのかしれません。

ガス自由化後は、電気・ガスといったエネルギーの垣根が薄れていき、どのエネルギー企業を選択するかという視点が必要になるでしょう。それぞれの価格変動やサービス内容を踏まえながら、お得な契約プランを見つけていきたいものですね。

「ガス会社」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています