電気代・電気料金2016/10/07

エアコンの電圧200vと100v。それぞれのメリットとデメリットを徹底解説!

200vのエアコンを使うためには何をすればいいの?

200vのエアコンを使うためには何を見たらよいか、さらに何をすれば使えるようになるかについて説明します。

200vのエアコンを使うためには何を見たらいいの?

200vの家電を使えるかどうかを見るためには、分電盤(ブレーカー)を見る必要があります。そもそも、200vの電圧を利用する方法は『単相3線式』という方法がとられます。

これは、3本の電線により100Vと200Vの電圧を同時に利用しようというものです。ですので、200vの家電が使えるかどうかは、ブレーカーに3本の電線が届いているかを見ていけば良いわけです。

具体的には、200vのエアコンを設置できるかどうかは、メインのブレーカーに赤、白、黒の3本の電線が来ているかどうかで判断します(2)。来ていればエアコン専用回線を作れますが、契約アンペア数が小さくブレーカーに白と黒の電線が2本しか来ていないときは、100vを選んだ方が無難です。

※「単相3線式」と「単相2線式」って何が違うの? 配線方式には「単相3線式」と「単相2線式」の二つが存在します。単相3線式は3本の電線で成り立っており、3本の電線を使い分けることで100vと200vを出し分けます。

一方で「単相2線式」は、2本の線を使います。こちらは100vしか使用することができません。

200vのエアコンを使うためにはどういった作業が必要?

200vのエアコンを使うためにはブレーカーから200vのコンセントまでの屋内配線工事を行う作業が必要です。つまり、コンセントなどをエアコンの専用回線にすることが大事になります。

200vの電源に100vの機器をつないでしまうと事故や故障の原因になるため気を付ける必要があります。コンセントなどの屋内配線工事の費用は工事会社によって異なるので、工事会社を一つ一つ見て確認することが大事です。

エアコンの電気代の見直しを考えている方は電気代の見直しも!

7492_004

実はエアコンの買い替えや電気代の節約をしなくてもプランを変更するだけで大幅に電気代が安くなることがあります。

Enejoy'sでは30秒で各家庭に最適なプランを診断する電気料金シミュレーションを提供しています。シュミレーションには一切お金はかかりませんので、電気料金の見直しを検討したい方は一度チェックしてみてください!

(参照元)
こちらは以下を参照している。
(1)中部電力/HOME>法人のお客さま>電気の安心情報>電気のマメ知識>分電盤のしくみ
http://www.chuden.co.jp/business/kaminari/chishiki/mame_bundenban/index.html?cid=ul_me
(2)中国電力/エネサポートコム>HOME>省エネ・節電機器について知りたい>バスルーム>エコキュート>200V電気工事
http://www.energia-support.com/ecocute/kouji.html
「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています