電力自由化2016/07/12

【プラン比較】中部電力 vs 東京電力!お得なのはどっち?

はじめに

中部電力と東京電力はお互いのエリアで顧客の獲得を行っており、電力自由化後はライバル同士であると言えます。特に中部電力は魅力的な首都圏の市場で少しでも顧客を獲得したい考えでしょう。そこで中部電力にフォーカスしながら、東京電力との比較を行ってみたいと思います。

中部電力とは?

中部電力とは大手電力会社10社のうちの一つであり、中部地方の電気料金プラン契約をほぼ独占してきた企業です。

提供している中部電力はどんな会社?

中部電力は1951年に設立され、資本金は約4,300億円、従業員数は17,782人を誇る電力業界有数の大企業です。(1)主な事業は電気事業及びその付帯事業となっており、国内有数のマーケットである中部地方の電力市場をほぼ独占してきた経緯があります。

中部電力のこれまでの電気の販売実績

中部電力の販売実績ですが、公式サイトの販売電力量によれば、合計124億7,500万kwhの電力を販売してきた実績があるようですね。(1)国内有数の電力事業者だけあって、すさまじい販売量です。

中部電力のプラン名の紹介

中部電力のプランには、電力自由化以前から存在する従量電灯契約、Eライフプラン、タイムプラン、ピクシフト電灯が存在します。また電力自由化後はこれに加えて、ポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、暮らしサポートセット、スマートライフプランといった新プランが登場。よりきめ細やかなライフスタイルに対応できるプランとなっているようです。

中部電力と東京電力の違い

冒頭で述べたように、中部電力は東京電力とお互いの管区で顧客獲得競争を開始しています。中部地方、関東地方のいづれかにお住まいであれば、中部電力と東京電力の電気料金プランを選べるのです。そこで中部電力と東京電力の違いについて把握しておきましょう。

中部電力と東京電力従量電灯Bの違い

まず代表的な電気料金プランである従量電灯Bですが、中部電力と東京電力では細かな部分の金額に違いがあります。特に電力量料金の違いに注目しておく必要があるでしょう。

料金表の違い

中部電力と東京電力の従量電灯Bを比較すると、基本料金部分は全くの同額です。しかし電力量料金が微妙に異なり、以下のようになります。 中部電力(2) 120kwhまで……1kwhあたり20.68円 120kwh超300kwhまで……25,08円 300kwh超……27.97円

東京電力(3) 120kwhまで……1kwhあたり20.68円 120kwh超300kwhまで……25,08円 300kwh超……27.97円
計算結果

中部電力と東京電力の従量電灯Bを40Aで契約し、消費電力量300kwhと500kwh時点の電気代を計算すると以下のような結果となります。 中部電力……300kwhで約8,047円、500kwhで約13,641円。 東京電力……300kwhで約8,145円、500kwhで約14,149円。 通常の家庭で使用する範囲の消費電力量であれば、中部電力のほうが電気代が安いと言えます。

こんな人はお得!

消費電力が200kwh以下になるような単身世帯の場合は、どちらの契約でも電気代に大差はないでしょう。しかし消費電力が300kwhを超えるようなケースでは、消費電力量が多くなるごとに中部電力の従量電灯Bがお得になります。

中部電力と東京電力のポイントの違い

中部電力と東京電力では、電力自由化後のPPSにもみられるようにポイント制を採用しています。それぞれ毎月の電気代に応じたポイントが獲得できるのです。このポイント制についても違いがありますので、その内容を見ていきましょう。

ポイントの種類の違い

中部電力では独自ポイントである『カテエネポイント』が、東京電力では大手ポイントの一つであるTポイントが獲得できます。また、中部電力のカテエネポイントは提携ポイントと交換可能です。

ポイント付与の違い

中部電力のカテエネポイントは、会員制webサイトの登録・利用で貯めることができます。一方、東京電力のTポイントは電気代1,000円あたり5ポイントという付与率です。

お得に貯められるのはどっち?

日頃からTポイントを使うことが多い方であれば、東京電力のTポイントがお得と言えそうですが、中部電力のカテエネポイントも提携先を拡大中です。ポイント制度に関する優劣は、まだはっきりつけられないというのが正直なところではないでしょうか。

中部電力と東京電力の電源構成の違い

中部電力と東京電力の間には、電源構成の違いも存在します。電源として使用している燃料の種類は似ていますが、それぞれの割合が異なるのです。

電源構成の違い

中部電力の電源構成は、LNG火力が60%、石炭火力24%、水力6%、再生可能エネルギー4%、FIT電気4%、石油1%となっています。(4)一方東京電力では、LNG45%、原子力19%、水力15%、石油16%、石炭火力5%です。(5)原子力や化石燃料に大きな違いがあるという結果になりました。

こんな人は要チェック!

東日本大震災の影響からか、原子力発電に疑念を抱く人が増えているようです。原子力発電の安全性が気になる方は、東京電力の電源構成に注意する必要があるでしょう。

中部電力と東京電力のセット割の違い

中部電力と東京電力では、それぞれ他企業との提携でセット割を打ち出しています。その内容にはどのような違いがあるのでしょうか。

セットになるサービスの違い

中部電力ではインターネットプロバイダであるビッグローブと提携したセット割や、地域のLPガス事業者と提携したセット割を展開しています。一方東京電力では、一部の通信事業者と提携したセット割を検討しているものの、まだ明確な内容は発表されていません。しかしLPガス事業者との提携は開始しており、LPガスとのセット割が提供されるようです。

中部電力の特典(上記以外にあれば)

中部電力には前述したとおり、会員制webサイトを通したポイントプログラムがあります。会員制webサイト『クラブカテエネ』を使用することで、カテエネポイントが貯まり、ポイントは提携先との相互交換などに利用可能です。

こんな人はお得!

カテエネポイントはNTTドコモのdポイントと相互交換可能ですので、NTTドコモと契約している方であれば電気代の一部を通信料金として充当することができるでしょう。また、WAONやnanacoとも交換可能ですので、これらのポイントが使用可能な施設を頻繁に利用する方にはおすすめのサービスです。

中部電力と東京電力の契約・解約条件

中部電力と東京電力の電気料金プランの契約・解除に必要な条件は存在するのでしょうか。それぞれの内容を見ていきます。

契約条件の違い

それぞれの供給エリア内に住んでいれば、特段厳しい契約条件というものは存在しないようです。ただし、特に申し出がない限りは1年単位で契約が更新されますので注意しておきましょう。

解約条件の違い

中部電力では2年単位のプランであっても、解約条件がありません。東京電力についても特に解約条件はありませんでしたが、2年単位の契約については所定の期間外で解約すると5,000円の解約金が必要になる場合があります。

東京電力から中部電力への変更方法

東京電力から中部電力へ電気料金プランを切り替えたい場合は、中部電力へ連絡するのが最短でしょう。電力自由化後は切り替え先(中部電力)が切り替え元への解約手続きを行うことが可能になっています。つまり中部電力が東京電力の解約手続きを進めてくれるということですね。

注意点

切り替えにあたってはいくつかの注意点があります。事前にしっかりと確認し、電気料金の切り替えが失敗に終わることのないよう注意してください。

供給エリアを確認する

まず現在の住まいが切り替え先の電力会社の供給エリアに合致しているかを確認しておきましょう。どんなに契約の意思が強くても、供給エリア外であれば契約は不可能です。

本当に安くなるかをあらかじめ計算してみる

次に本当に電気代が安くなるのかを、これまでの電気の使用実績とそれぞれのプランから計算してみることをおすすめします。特に消費電力量によって段階的に単価が変化する場合には、季節単位、月単位でも電気代を計算してみましょう。

解約金を確認する

前述したように、東京電力のプレミアムプランでは2年単位での契約が原則となっており、解約月に該当しない期間に解約すると5,000円の解約金が発生します。この点は乗り換え時に注意しておきたいところですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。東京電力から中部電力というように、大手電力会社の間でも電気料金プランの切り替えが可能な時代になりました。さらに九州電力や四国電力、北陸電力への切り替えも可能になっています。PPSだけではなく、大手電力会社の新プランもしっかりと確認して、お得な電気料金プランを契約していきたいものですね。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)中部電力、HOME>IR・企業情報>会社情報>会社概要、中部電力、-、http://www.chuden.co.jp/、2016/6/15引用 (2)中部電力、HOME>個人のお客さま>家庭向け料金メニュー>基本メニュー(電灯契約)>従量電灯A・B・C、中部電力、-、http://www.chuden.co.jp/、2016/6/15引用 (3)東京電力エナジーパートナー、従量電灯B、東京電力エナジーパートナー、-、http://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/old01.html、2016/6/15引用 (4)中部電力、HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>データ集>電力需給>当社の電源構成、中部電力、-、http://www.chuden.co.jp/、2016/6/15引用 (5)東京電力エナジーパートナー、数表でみる東京電力 > 電力供給設備 > 電源構成比、東京電力エナジーパートナー、-、http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/illustrated/electricity-supply/generation-capacity-tepco-j.html、2016/6/15引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています