電力自由化2016/07/12

【プラン比較】東急でんき vs 東京電力!どこが違うの?

はじめに

電力自由化で新電力がさまざまな目新しいプランを売り出していますが、あまりにも数が多すぎてわかりにくくなっているのがホントのところです。そんな中、『東急によく乗る人がお得になるでんき』というシンプルな電力のブランド『東急でんき』が登場しています。

東急でんきとは?

東急沿線の住民に特化した割引サービスを行っている新電力のブランドです。クレジットカードの利用や鉄道使用時のポイント、イッツコムとのセット割などの複数の割引を組み合わせることができるので、対象となる人であれば利用価値が高くなっています。

提供している東急パワーサプライはどんな会社?

鉄道や小売、旅行業でも既存の顧客を囲い込むために、電力事業へ新電力として参入しているケースが相次いでいます。東急パワーサプライも電力自由化を前に東急電鉄が設立しました。

東急パワーサプライのこれまでの電気の販売実績

電力自由化前から、東急線沿線の商業施設に業務用の電力を供給してきました。東急グループは業務用で二子玉川ライズやマンションへの電力供給実績があります。2016年3月時点では東急線沿線の施設も含め102の物件へ電力を供給しています。

東急でんきのプラン名の紹介

『従量電灯B 』 一般家庭が一番多く契約しているプランです。 『従量電灯C 』 大型の住居や事務所、商店といった電気使用量が一般家庭よりも多くなる場合のプランです。 『低圧電力』 大型の工業機械や電気設備を稼働する商店や工場に適しています。

東急でんきと東京電力の違い

東急でんきへ乗り換えを検討する人は、東急電力を利用しています。当然東京電力と比較することとなります。電気の質は変わりません。違いは電気料金と付帯サービスになります。電気料金体系は似ているので比べやすくなっています。東京電力の『従量電灯B』『従量電灯C』『低圧電力』の名称がそのままなので、自分の今の契約種別と比較しましょう。

東急でんき従量電灯Bと東京電力従量電灯Bの違い

従量電灯B で30Aの場合、基本料金で6.4%安くなります。電気量料金では120kWhまでと、120kWhをこえ300kWhまでとも0.1%、300kWhをこえると一気に3%下がります。(1) 基本料金、電力量料金のそれぞれで東急でんきの方が安くなっています。

料金表の違い

東京電力の従量電灯Bと比較した場合、各種割引を使わなくてもアンペア数や電気代にかかわらず安くなっています。契約電流が60Aで月の電気代が20,000円の人は795円安くなっています。あまり電気を使わない人では、30Aで電気代6,000円から81円の節約となります。なお、30AはTOKYU CARDでの支払いか、イッツコムを通じての支払いが条件となります。

計算結果

契約電流が60Aで月の電気代が20,000円 795×12=9,540 1年で9,540円電気代削減

契約電流が30Aで月の電気代が6,000円 81×12=972 1年で972円電気代削減
こんな人はお得!

利用可能エリアに住んでいて、電力使用量の多い人ならばお得度が高いです。東急グループのサービスを利用しているならば、複数の割引を組み合わせることもできます。電力使用量の少ない人や東急電鉄を利用しない人ならば、ほかの新電力も検討の余地がありそうです。

東急でんきと東京電力のポイントの違い

東急でんきの電気代ををTOKYU CARDで支払うと、最大1%がTOKYU POINTとして貯まります。 東京電力では電気料金の支払い額に応じてTポイントかPontaポイントが付与されます。電気料金1,000円につき5ポイント換算で、還元率では0.5%となります。

ポイントの種類の違い

還元率だけ見ると東急でんきに軍配が上がりますが、自分がふだん使っているサービスかどうかが大事なポイントです。東急グループのお店や交通を利用しているならば貯まりやすく使いやすいですが、そうでないならば宝の持ち腐れです。

年間でつくポイントの量の違い

東急でんきに申し込みさらに『電車で貯まるTOKYU POINT』にも登録することで、さまざまなキャンペーンのポイントが適用されます。定期券の購入やPASMOのチャージ、東急線や東急バスを日ごろ利用している人ならば自然とポイントが積みあがっていきます。 東京電力のポイントは基本的に電気代につくものだけです。日ごろの買い物の仕方でも変わってきますが、TポイントやPontaポイントは少額の買い物で使うことが多いのでザクザク貯まるということは難しいでしょう。

こんな人はお得!

ケーブルテレビ放送局、インターネットサービスプロバイダのイッツコムを利用するとさらに割引が受けられます。東急でんきとセットにすることでイッツコムのサービス利用料が毎月最大350円も安くなります。 つまり、お得となる人は次の条件にあてはまる人です。 ・電気使用量が多い ・東急線利用者 ・TOKYU CARD保持者 ・イッツコム加入者

東急でんきと東京電力の電源構成の違い

電力自由化前は家庭に届く電気がどうやって発電されたのか、燃料は何かということを知ることは難しいものでした。もし分かったとしても、原子力発電所(原発)由来の電気を拒否することはできませんでした。今後は各社で、どのようにしてつくられた電力かということを示す『電源構成』を開示することが望まれています。

電源構成の違い

東急でんき 水力10%  LNG/LPG31% 石油6% 石炭28% 卸電力取引所16% その他9%

東京電力(2014年時点) 水力15% 新エネ等0% LNG/LPG45% 石油16% 石炭5% 原子力19% 東急パワーサプライは自社の発電所を持っていませんので卸電力取引所を利用しています。
こんな人は要チェック!

各発電所で発電された電気は共通の送電線を通じて届きます。そのために原発がある地域では、厳密な意味では完全に原発由来の電気を排除することは難しくなっています。ですが、原発を電源に含めていない新電力を選ぶことは応援の意思表示となります。

東急でんきと東京電力のセット割の違い

電気代の安さでは東急でんきの方が有利ですが、数多くの提携先を持つのは東京電力です。そのサービスメニューはさまざまな業種にわたっています。

セットになるサービスの違い

東急でんき CATV・インターネット事業のイッツコムの利用料が毎月最大で350円の割引となります。

東京電力 ガス・エネルギー、生活サービス、暮らし・住まい、住宅、通信、インターネット、音楽配信、家電といった分野でそれぞれの提携企業があります。数多くありますが、代表的なものとして通信会社のソフトバンクとの提携があります。電気代と通信料金のセット割引などがあります。また、ガスは多くの人が利用するのでセットでの申し込みがしやすい商品です。
こんな人はお得!

日常的に使っているサービスで東京電力とのセット割の割引率が高いサービスがあるか、まずは探してみましょう。ソフトバンクを利用している人や、ガス代が高いという人は一度検討すると思わぬ発見があるかもしれません。

東急でんきの特典

東急でんきの魅力は電車に乗ることでどんどんポイントが貯まることです。買い物などとちがって、通勤や通学で電車を使う人ならばいつの間にかポイントが増えてきます。PASMO定期券の購入やPASMOへチャージ、朝7時までに自動改札機を通過することでなどでTOKYU POINTがたまっていくキャンペーンも行っています。

こんな人はお得!

通勤や通学で東急を利用している人は、一度自分が利用できる割引やキャンパーンがどのくらいあるか調べてみる価値があります。

東急でんきと東京電力の契約・解約条件

いずれの新電力へ切り替える場合でも、契約・解約の条件は事前に確認しましょう。不要なトラブルを避けるために、契約書の類は保管しておくのが鉄則です。

契約条件の違い

いずれの会社も契約期間は契約が成立した日から1年となります。また、規約の申し出がないかぎり、契約は自動的に継続されます。

解約条件の違い

東急でんきは1年未満で解約しても解約金などは必要ありません。東京電力はプレミアムプランで契約をしている場合は、契約期間中の解約は解約金が発生します。

東京電力から東急でんきへの変更方法

自分のライフスタイルならば東急でんきの方がお得と納得できたら、いざ切り替えです。新電力へ乗り換える手続きは誰にとっても初めての体験。面倒そうに思えますが、実際のところは拍子抜けするくらい簡単です。東急でんきへ申し込む。ただそれだけです。『スイッチング支援システム』により、申し込みを受けた新電力が契約者情報を登録するとこれまでの電力会社へ自動的に解約依頼が届きます。スマートメーターと呼ばれる機器も必要になりますが、設置手続きも自動でことが運びます。

注意点

電力自由化で新電力を自由に選べるようになった代わりに、そのぶん個々人がリスクを背負うことにもなります。電力自由化前にはなかった電気料金プランの設定や契約期間、解約金などという諸条件が複雑化しています。セット割などは電気だけではなく合わせて契約した商品についても解約金がかかることがあります。契約内容をしっかり確認しましょう。

供給エリアを確認する

電力自由化前に東京電力を利用していた人は東急でんきに切り替えることができます。

本当に安くなるかをあらかじめ計算してみる

電力自由化で雨後の筍のように新電力が増えている中で、どの会社を選んだらよいのか悩ましいところです。料金メニューも複雑で簡単に比較することもできません。そこで役立ってくれるのが電力比較サイトです。必要事項を入力するだけで、地域で契約できる新電力と電気料金プランが表示され、どのくらい節約できるかのシミュレーションもしてくれます。気に入った新会社があればそのまま契約することもできます。 ただ、表示される料金には、付与されるポイントが現金として換算されていたりやセットメニューでほかの商品も契約することが前提で割り引かれていることが多いので、内訳をしっかり確認しましょう。いくら安くなっていたとしても、使っていないCATVの割引分が大半を占めていたら実質は現状とたいして変わらないかもしれません。新電力の広告では『最大で何円割引』と表示していることがよくありますが、自分のケースではどこに当てはまるのか事前に計算することが失敗を防ぎます。

解約金を確認する

実害が大きくなるのが解約金です。わずかな金額の差で乗り換えたものの、満足がいかず契約期間満了前に解約したら違約金を取られ結果的には大きく損をした…なんて事態はなんとしても避けたいものです。 東急でんきは1年契約で自動継続となっていますが、1年未満で解約しても違約金の定めはありません。ですが注意したいのが、東急でんきとセットで契約すると利用料金が割引になるイッツコムを利用している場合です。最低契約期間内に途中解約する場合は、利用プランに応じて違約金が発生してしまいます。

まとめ

電気使用量が標準以上で、ふだん通勤や通学で東急線を利用し東急グループの店舗で買い物することが多いのであればおススメの電気です。イッツコムとのセット割でさらに割引となりますが、解約金がかかるので必要かどうかはよく検討してから契約しましょう。単身者で電気を使わない人はあまりメリットが感じられないかもしれません。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照している。 (1) 東急パワーサプライ、東急でんきのサービス・料金、2016 /6 /7参照 https://www.tokyu-ps.jp/service/price/ (2) 東急カード、東急でんきお申込み、東急でんき料金表(2016年6月時点)、2016 /6 /7参照 http://www.topcard.co.jp/campaign/1512tps/

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています