電力自由化2016/11/21

ソフトバンクの電気の違約金はプランで変わる!

19

ソフトバンクの電気の違約金を知ろう!

ソフトバンクの電気の違約金がいくらになるのかを知っておくことはとても大切です。ソフトバンク株式会社が提供するソフトバンクでんきは、電力自由化で新電力会社として新規参入しましたが、同じように電力自由化に参入した新電力はたくさんありますし、今後も新電力の新規参入が続くことが予想されます。

そのため、ソフトバンクの電気を契約していたものの、途中で解約して乗り換えを考える方もいるかもしれません。そんなときに解約違約金が発生する可能性があることから、解約違約金を知っておくことが大切なのです。

ソフトバンクの電気の解約違約金は、いずれの場合も解約違約金とはせずに、解約事務手数料という扱いですが、各プランともに2年の契約を約束しての契約期間内解約で発生する料金のため、違約金と言っても過言ではありません。ソフトバンクの電気の解約時違約金はプランごとに異なります。あまり電気を使用しない家庭に適したスタンダードSは540円、標準的なプランのバリュープランは2,500円、使用電力が多い家庭に適したプラミアムプランは5,000円となっています(1)。

ソフトバンクの電気で違約金を支払わずに解約するには?

ソフトバンクの電気を契約したものの、途中で解約したいと考える場合、上記の解約違約金が発生します。スタンダードSの解約違約金が540円ということで、少額だとしても解約するためのお金は支払いたくないものですよね。

ソフトバンクの電気で解約違約金を発生させないためには、契約満了日以前の2ヶ月間に解約する必要があります。具体的には、契約が2年間と定められていることから、1年10ヶ月~1年12ヶ月に入るまでの間に手続きを済ませれば違約金が発生しない仕組みです。

ちなみに、解約違約金以外に、そもそもの契約についても抑えておきましょう。ソフトバンクの電気は、ソフトバンクの通信機器やインターネット回線契約を結んでいなければ契約できません。スマホやインターネット回線は他の通信事業者で契約し、電気はソフトバンクと契約するというのはできない仕組みです。

ソフトバンクの電気は電気料金がお得?

電力自由化により、すべての家庭で電気代を現状よりも安くできる可能性がありますが、それには各社の電気料金プランとサービス内容を確認することが必要です。

ソフトバンクでんきは、各種プランで2年間の契約で割引額とサービスが最大化する仕組みです。電力料金単価は定額制と従量制の2パターンあり、この点は特にしっかりと考える必要性があります。

例えば、電気をある程度使用する家庭向けのバリュープランでは、このような料金体系になっています。

ソフトバンクバリュープラン
最初の300kWhまで 7,020.00円(定額)
300kWhを超えて400kWhまで 25.89円
400kWhを超える分 30.02円

最初の300kWhまでは7,020円の定額制で、301kWh以上の使用量は従量制になり、400kWhまでは1kWhあたり25.89円、401kWh以上は1kWhあたり30.02円になります。

これを東京電力と比べると、仮に電力使用量が280kWhまでだとすると、東京電力の電力量料金は6,477.2円になるため、ソフトバンクのでんきのほうが電気代は高くなってしまいます(2)。

しかし、使用電力量が400kWhではソフトバンクは9,609円、東京電力は9,988.4円になり、ソフトバンクのほうが約380円安くなります。つまり、ソフトバンクに切り替えて電気料金が下がるかどうかは、使用電力量に大きく左右されることになるのです。

《ソフトバンクでんきへの切り替えを検討される方はこちらをクリック。》

ソフトバンクは付加サービスで割引を実現!

新電力の電気料金プランで注目したいことに割引サービスがあります。特にソフトバンクの場合はスマホやネット通信機器との割引、Tポイントの付与など充実しています。電気代だけを電力他社と比較した際は、上記のように電力使用量によっては割高になるケースがありますが、得られる割引と貰えるポイントを合算すると、実はお得になるというケースが少なくありません。

このようなケースは他の新電力でも考えられることであり、さまざまな角度から電力会社を比較することが、電力自由化でお得な電気代で暮らすためには必要なことと言えるでしょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元)
こちらは以下を参照している。
(1)スタンダードS、ソフトバンク株式会社、http://www.softbank.jp/energy/price/tokyo/standard-s/、2016/05/21引用
バリュープラン、ソフトバンク株式会社、http://www.softbank.jp/energy/price/tokyo/valueplan/、2016/05/21引用
プレミアムプラン、ソフトバンク株式会社、http://www.softbank.jp/energy/price/tokyo/premiumplan/、2016/05/21引用
(2)従量電灯B・C、電気料金プラン、東京電力エナジーパートナー株式会社、http://www.tepco.co.jp/ep/private/plan/old01.html、2016/05/21引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています