電力自由化2016/07/12

eneosでんきでtポイントが貯まるおトクな得点を知ろう。

eneosでんきが提供するお得なプラン。

eneosでんきではtポイントを使ったお得なプランを容易して、顧客獲得に動いています。電力自由化後は新電力や大手電力会社の中でポイント提携を発表する企業が増えており、eneosでんきでもこの流れに乗った形と言えるでしょう。では具体的にどの程度tポイントを貯められるのか、解説していきます。eneosでんきでは、eneosでんきの電気料金プランを契約後、tポイントの利用手続きをとることで『支払額200円ごとに1ポイント』のtポイントを獲得可能です。(1)なお、tポイントの獲得にはあらかじめyahoo!JAPANのIDが必要になりますので、準備しておきましょう。tポイントが付与されるタイミングですが、クレジットカード決済の場合は毎月21日頃、口座振替の場合は引き落とし後一週間で付与されます。eneosでんきの電気料金プランを契約していれば、電気代200円ごとにtポイントがたまっていくというイメージになりますね。電気代は毎月支払うものですから、知らずのうちにtポイントが貯まっていく制度はうれしいものです。

eneosでんきのtポイント付与率はお得?

eneosでんきのtポイント付与率ですが、他の新電力や電力会社と比較してお得な可能性が高いです。同じようにtポイントを付与する新電力として、ソフトバンクでんきがあります。ソフトバンクでんきでは電気代1,000円あたり5ポイントの付与となっており、eneosでんきよりも付与条件が若干厳しいと言えるでしょう。(2)付与率自体に差はありませんが、eneosでんき側は端数にもtポイントが加算されやすいというメリットがあります。tポイント自体は全国いたるところで使用できるほか、web上のポータルサイトでも買い物に利用できるという利便性の高いポイントですので、毎月一定額のtポイントが貯められることは実質的な割引という見方もできますね。電力自由化では、大手ポイントとの提携を発表している新電力・電力会社が数多く存在します。特にこのtポイントやpontaポイント、WAONポイントなどのポイントは人気で、積極的に提携を進めているのです。お住いの地域によって使いやすいポイントに違いがあるでしょうから、生活する範囲で使い勝手の良いポイントサービスを把握しておくことは、電力自由化後の電気料金プラン選択に役立つでしょう。また、現在はポイント提携を行っていなくとも、今後提携先を拡大させる電力会社も登場するはずです。契約先の電力会社の情報は、逐一チェックしておくことをおすすめします。

ポイントサービスがもたらすものとは?

eneosでんきのtポイントサービスのように、電気代に一定額の割引やポイントを適用させるケースが増えています。大手携帯電話会社を母体とするauでんきでも、独自のポイントキャッシュバック制度を開始していますし、NTTドコモでもdポイントを介した電力会社との提携を強化しているのです。ポイントサービスは異なる分野の事業にメリットを波及させやすいため、異業種出身の新電力では特に積極的に活用しています。これはつまり、電気代や電気料金プランが、電気以外の生活コストやサービスと結びつくことを意味しているのです。ポイント提携の強化によって、すでに電気代は電気だけの問題ではなく、娯楽・レジャー・買い物とも密接に結びついていくでしょう。さらにこれにセット割が組み合わされば、もはや電気代だけに注目してもあまり意味がないという状態になりますよね。電力自由化では、このようなさまざまなコストやサービスの結びつきにも注目しながら、使いやすいプランを選んでいくことをおすすめします。

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)JXエネルギー、割引・得点、ENEOSでんき、-、http://www.noe.jx-group.co.jp/denki/benefit/tpoint.html、2016/5/22引用 (2)Softbank、ホーム > エネルギー > 料金プラン > Tポイントでおトク、Softbank、-、http://www.softbank.jp/energy/price/tpoint/、2016/5/22引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています