電気代・電気料金2016/09/09

東京ガスとオール電化はどっちがお得?ガス利用時のメリットとは。

オール電化でも光熱費が高くなってしまうケースとは。

東京ガスのプランとオール電化を比較した場合、どっちがお得かという点については各家庭の生活スタイルによるでしょう。一般的にオール電化のメリットは、『電気代が割安な時間帯を利用できる』『光熱費を一本化・節約できる』『クリーンエネルギーの活用で環境にやさしい』というものが挙げられます。確かにオール電化では、給湯設備が夜間電力を主に使用するため、消費電力量の割には電気代が安くなるうえに温室効果ガスの排出が極端に少なくなります。また、電力自由化でオール電化向けの電気料金プランも充実。しかし光熱費が安くなるという点については、賛否両論が存在するようですね。オール電化の電気代が、東京ガスなどのガス併用時の光熱費よりも安くなっていれば問題ありませんが、よくよく計算してみると高額になってしまうという可能性も考えられるのです。その原因として以下のようなものがあります。

・炊き増しする機会が多い オール電化は夜間電力の使用によって電気代単価を抑えていることがメリットです。その反面、日中の単価は高くなります。つまり電気料金プランのうち、もっとも電気代が高額になる時間帯に、炊き増しなどで電気を使っていると、あっという間にオール電化のメリットは薄れてしまうのです。 ・生活スタイルがオール電化向け電気料金プランに合っていない そもそもオール電化向け電気料金プランは、日中の電気使用をある程度抑制することで威力を発揮します。よって電気料金プランの内容とかけ離れた生活を送ると、すぐに電気代が高額になり、ガス併用時よりもコストがかかるという結果になりがちです。 もしこのようなケースに当てはまる場合、東京ガスなどが提供している電気とガスのセット割や、ガスのみのプランに切り替えることで光熱費を削減することも可能です。では次にガス併用時のメリットを考えてみましょう。

《東京ガスのHPを見たい方は、こちらをクリック。》

東京ガスが提唱する都市ガス利用のメリット。

東京ガスは、オール電化から都市ガスへの切り替えを推奨しています。両面焼き水なしグリルの利用で調理時間をカットしたり、給湯効率を95%にまで高めた『ecoジョーズ』の活用で省エネを実現したりと、オール電化に負けず劣らず生活コストを削減する方法が存在しているようです。(1)特に給湯設備については、オール電化のように制限がなくなることで生活の利便性が向上することは確かでしょう。お湯を使うタイミングや湯切れの心配から解放されると、精神的にもゆとりが生まれますからね。特に冬場はお湯の利用がどうしても多くなりますし、暖房設備におけるガスの威力も実感しやすいでしょう。総合的なランニングコストに大差がないのであれば、精神的ストレスからの解放や高火力のガス暖房器具が利用できることは有り難いところです。しかも東京ガスでは、都市ガスの利用だけを推奨しているわけではありません。電力自由化後はPPS大手として活動を開始した東京ガス。独自の電気料金プランを設定し、ガスも使えるPPSとして『総合エネルギー企業』へと変化を遂げつつあるのです。

東京ガスが提供する電力自由化後のプラン。

東京ガスでは、オール電化から都市ガス利用への切り替えを推奨していますが、電気料金プランもしっかりと設定しています。東京ガスの電気・ガスのセットは『ずっともプラン』として提供されており、月平均の消費電力量が392kWhの場合、年間で9200円の電気代削減が可能を見込めるのです。(2)この月間消費電力量392kWhという数値は東京都が発表している『戸建て住宅3人世帯の平均値(2015/6)』です。(2)さらに電気代が安くなるだけではなく、『パッチョポイント』というポイント制も開始して、付加サービスの強化にも努めている点に注目しましょう。電力自由化後のPPSはポイント制やセット割を積極的に活用して顧客獲得に動いていますが、東京ガスはPPSとしてこの両方をしっかりとおさえた内容になっているのです。東京ガスは国内有数のエネルギー企業ですし、PPSとして新規参入したとはいえ、その経営基盤や安定性には定評があります。オール電化からガス併用、オールガスなどへの切り替えを検討している場合には、有力な候補の一つになりそうですね。

《東京ガスのHPを見たい方は、こちらをクリック。》

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)東京ガス、東京ガスTOP > ご家庭のお客様メニュー > ガスご利用ガイド > 新しく都市ガスをお使いになってみませんか? > オール電化住宅にお住まいの方へ 都市ガスにかえるきっかけ、東京ガス、-、http://home.tokyo-gas.co.jp/chg/electrify/chance.html、2016/5/19引用 (2)東京ガス、東京ガスTOP > 東京ガスの電気、東京ガス、-、https://request.tokyo-gas.co.jp/power/req/index.html、2016/5/19引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています