新電力2016/07/12

新電力会社の破産!その時どうすれば良いのか?

新電力会社の破産は、これから増えることが予想されます。せっかく電気代を安くできる新電力の電気料金プランを契約できても、破産をしてしまっては先行きが不安になってしまいます。電力自由化以前は、大手電力会社が電気の管理をしていたため、このような問題は起きませんでした。しかし、これからはこういった問題についても個人で対処しなくてはいけない時代になったのです。もし、新電力会社が破産した場合は、焦らずに行動できる知識があると良いかもしれませんね。今回は、新電力会社が破産した時はどういった行動をとれば良いのかを考えていきます。

新電力が破産することは免れない!

新電力会社の問題点として挙げられているのが、電力供給の確実性です。新電力と大手電力会社の大きな違いは、その発電力です。新電力の中には、発電所を所有していないところもあり、そういった企業は一般電気事業者から買い取りをしているのです。さらに、新電力会社は、破産する可能性もあります。例えば、顧客の獲得ができなかったには、運用をすることはできませんから、破産という事態は免れません。さらに電力自由化後は、新電力の数は増え続けると見られており、顧客獲得の戦いは今後も激化することが考えられます。このような状態が続けば、必然的に破産をする企業も出てくるでしょう。電気代を安くするためには、電気料金プランを変更することはとても重要な手段なのですが、新電力の破産は予測できませんから、ある意味では諦めることも必要だといえるでしょう。

新電力が破産した場合はどうすれば良いの?

おそらく、新電力が破産してしまう可能性は高いです。もちろん、全ての新電力会社がそのような道に進むわけではありませんが、きっと対処法に困る人が出てくるでしょう。まず、電気料金を契約していた新電力が破産した場合の電気の使用ですが、通常通り利用できるようになっています。現在の日本では、広域的運営推進機関という電力自由化後の新電力などの破産に備えて、電力の供給を管理する機関があります。この広域的運営推進機関は、電力会社と連携して電力の需要と供給のバランスを保っているため、何か問題が起きた時はすぐに対処できるようになっているのです。ですので、電気の使用については、全く問題はないのです。

電気代が高くなるのは嫌!契約していた新電力が破産したらどうすれば良い?

契約していた新電力が破産しても電気は使用できますが、電気代が高くなったりしないか気になるところです。まず、契約していた新電力が破産した場合は、新しい電気料金プランをすぐに探すようにしましょう。新しい電気料金プランを選ぶ際は、3つのことに注意します。まず1つ目は、電気料金の金額です。電力自由化のメリットは、何といっても電気代を安くできることにあります。少しでも節約できるプランを探しましょう。2つ目は、ライフスタイルに合ったサービスの提供を受けられるかどうかです。新電力の中には、電気代以外の割引プランを提供してくれることもありますから、自分合うものを選択しましょう。3つ目は、発電の手段です。注目を集めているのが、太陽光発電や風力などの再生エネルギーです。こういったクリーンなエネルギーを使用しているところは、環境にも配慮している優良企業だと言えるかもしれませんよ。

新電力の電気料金プランは焦らず探してみよう!

新電力会社の破産を予測することは、一般の人では難しいでしょう。どんな実績のある企業でも、その後の運営次第では破産の可能性はありますから、難しく考えるのはやめた方が良いかもしれません。もし、破産したらまた新しいプランを探そうという気持ちでいること大切になりそうです。

この記事を見た方はこちらも見ています