電気代・電気料金2016/07/12

ihクッキングヒーターの電気代は本当に安いの?

はじめに

ihクッキングヒーターは、オール電化の家庭には欠かすことのできない調理器具です。しかし、ihクッキングヒーターに替えたことで電気代が安くなったという声と高くなったという声があるのはなぜなのでしょうか?その理由も含めihクッキングヒーターの電気代について詳しく解説します。

ihクッキングヒーターについて

ihクッキングヒーターとは

ihクッキングヒーターのihとは、インダクションヒーティング、すなわち電磁誘導加熱のことです。コイルに電気を流すと磁力線が発生し、その磁力線が金属製の鍋を通るときにうず電流に変わります。その渦電流が鍋の金属の抵抗によって熱を発することを調理に応用したのがihクッキングヒーターです。ihクッキングヒーターの最大の特徴は、鍋自体が発熱するという点です。そのため熱効率が高く、ムダが少ないというメリットがあります。

ihクッキングヒーターの電気代とは

・1kWあたりの電気代比較

ihクッキングヒーターで調理する場合、1kWあたりどれくらい電気代がかかるかは、どのような電気料金プランを選んでいるかによって違いが出ます。例えば東京電力の電力自由化メニューのうちオール電化向けの電気料金【スマートライフプラン』の場合、午前6時~翌日午前1時までの昼間時間は25.33円、午前1時~午前6時までの夜間時間は17.46円です。(2)ihクッキングヒーターを使用するのはオール電化の家庭で、使用する時間は昼間時間に当たるのが一般的なため、ihクッキングヒーターの1kwあたりの電気代はおよそ25円と考えられます。

・カレーを作ったときの電気代比較

カレーを作った時の電気代を計算するためには、カレーを作るためにかかる時間をあらかじめ決めておく必要があります。市販のカレールウを使ってカレーを作る場合で一般的なカレーの調理時間を検証すると、炒め時間5分、煮込み時間15分、ルウを入れてからの煮込み時間10分の合計30分で計算されていることが多いようです。(3)そこで、カレーの調理時間は30分として電気代や光熱費を計算することにします。ihクッキングヒーターのヒーターの消費電力は最大で3kWですから、火力の操作は考えずに1kwあたり25.33円で30分調理したときの電気代を計算すると、約38円になります。(4)

ihクッキングヒーターとそのほかの調理器具との電気代の比較

ガスコンロとの比較

・1kwあたりの電気代比較

ガスコンロの場合、電気代ではなくガス代になりますが、1kWあたりのガス代を出して比較できるようにしてみましょう。ただし、ガス代を比較するためには、ガスコンロのガスが都市ガスなのか、LPガスなのかを特定して計算する必要があります。

・カレーを作ったときの電気代比較

ガスコンロには都市ガス用とLPガス用があるため、ガスコンロのガスが都市ガスなのか、LPガスなのかを決めてからでなければ、カレーを作ったときにかかるガス代は出せません。都市ガスとLPガスでは1kWあたりの料金が異なるからです。

都市ガスとの比較

・1kWあたりの電気代比較

都市ガス1kWあたりのガス代と、1kw当たりの電気代を比較してみましょう。都市ガスはガス会社によって料金に違いがありますが、東京電力の電気代と比較することを考慮して、東京ガスのガス代と比較します。都市ガスの場合1kW=3.6MJ/hで、強火は2.97kW、ガスの発熱量は45MJ/m3として計算します。(5)1立方メートル当たり142.66円として計算すると、1kwあたりのガス代は11.41円です。(6)

・カレーを作ったときの電気代比較

カレーを作るのにガスコンロを30分使用したと仮定してガス代の計算をします。電気も火加減を操作しない前提で計算したため、ガスも強火で30分調理したと仮定して計算すると、強火の2.97kwに3.6MJ/hと0.5時間を掛け、ガスの発熱量で割ってから1立方メートル当たりのガス代を掛けると約16.9円になります。(5)(6)

LPガスとの比較

・1kwあたりの電気代比較

LPガスのガス代も計算してみましょう。LPガスのガス代は都市ガス以上にガス会社によってガス代の差があるため、一般社団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センターの一般小売価格の速報値を参照します。2016年4月28日現在、関東地方では、5立方メートルあたり4,475円、つまり1立方メートルあたり895円になります。(7)LPガスの発熱量は99MJ/h、(8)LPガス用の標準コンロの強火2.5kw(9)で計算すると、1kWあたりのガス代は35.8円になります。

・カレーを作ったときの電気代比較

カレーを作るときの条件を電気や都市ガスのときと同じにしてLPガスのガス代を計算すると、約40.68円になります。(7)(8)(9)つまり、同じ時間をかけてカレーを作った時、LPガスが最も光熱費がかかるということがわかります。

結論:都市ガス<電気<LPガス」の順で光熱費が安い

・実は一番安いのは都市ガス

以上のように同じ条件で調理した場合の光熱費で比較すると、ihクッキングヒーターの電気代は都市ガスと比べると高いけれど、LPガスよりは安いという結果でした。そのため、ihクッキングヒーターを使うようになる前に使っていたガスの種類によって、電気代を高いと感じるか安いと感じるかに差が出るということがわかりました。

・電気代以外のメリット1<掃除が楽>

ihクッキングヒーターを利用するメリットは、電気代が安くなるということだけではありません。そのため、元々都市ガスを使っていた家庭でもメリットはあると言えます。例えば、ガスコンロにはバーナーやゴトクなど凹凸が多く、吹きこぼれた際の掃除が面倒ですが、ihクッキングヒーターは表面がフラットで掃除がしやすいというメリットがあります。

・電気代以外のメリット2<請求がまとまっているので楽>

ihクッキングヒーターを使用している家庭はオール電化のため、ガス代の請求がなく、電気料金だけの請求です。それぞれにかかっていた基本料金がなくなることを考慮すると、トータルの光熱費は安くなる可能性は高いと言えるでしょう。

・電気代以外のメリット3<火を使わないので安全>

ihクッキングヒーターは火を使わないため、加熱中に鍋を移動するなどした際に、衣服に火が燃え移る心配がありません。

ihクッキングヒーターの電気代をさらに節約する方法

1.生活スタイルに合った電気料金プランに切り替える

・電化上手など夜間の電気が安いプランがおすすめ

電力自由化で電気料金の見直しをする家庭が増えています。しかし、新電力の電気料金には従量電灯タイプの物が多いため、オール電化の家庭は対象外なのではないかと初めから見直しをあきらめている家庭もあるようです。それなら、同じ電力会社の電力自由化メニューと比較してみてはいかがでしょうか?単価の安い時間帯が以前よりも長くなっているプランや、時間帯を前後にずらせるようになったプランも登場しています。

2.プランを切り替えたら安い時間帯に積極的に調理を行う

・煮込み料理は早朝や夜間に

電力自由化のチャンスを活かして電気料金プランを切り替えたら、煮込み料理など調理時間を移せる調理は、できるだけ単価の早朝や夜間の時間帯に移して調理するようにしてみましょう。調理時間の長い料理ですから、単価を意識すると大幅な節電効果があります。

・煮物一回あたりおよそ8円お得

具体的な調理で電気代の差を見てみましょう。東京電力の【スマートライフプラン』の昼間時間は25.33円、夜間時間は17.46円ですから、1時間煮込むと7.87円の差になります。(2)約8円と言うとわずかな差に感じられますが、毎日8円ずつ節約すれば1カ月で約240円、1年では2,880円という差になりますからバカにはできませんね。

(参照元) こちらは以下を参照しています。

(1) 三菱電機/トップページ個人のお客様三菱IHクッキングヒーターまずはココからIHクッキングヒーターとは? http://www.mitsubishielectric.co.jp/ (2) 東京電力/はじまる!電力自由化>料金プラン>スマートライフプラン(2016年5月25日引用) http://www.tepco.co.jp/jiyuuka/service/plan/smartlife/index-j.html (3) ハウス食品/レシピ>こくまろカレー(2016年5月25日引用) http://housefoods.jp/recipe/rcp_00012871.html (4) パナソニック/住まいの設備と建材 > IHクッキングヒーター > 商品ラインアップ > ビルトインタイプ Vシリーズ(2016年5月25日引用) https://sumai.panasonic.jp/ihcook/lineup/function/function_v.html#3double (5) 東京ガス/ご家庭のお客さま向けFAQ > 2.ガス機器・設備 > ガス機器全般 > ガスコンロ(ピピッとコンロ) > 内容参照(2016年5月25日引用) http://support.tokyo-gas.co.jp/faq/show/1920?site_domain=open (6) 東京ガス/ガス料金表2016年5月一般契約料金A表参照(2016年5月25日引用) http://e-com.tokyo-gas.co.jp/ryokin/Default.aspx?tik=1 (7) 一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センター/トップページ>価格情報>最新価格情報(2016年4月28日現在の価格)(2016年5月25日引用) https://oil-info.ieej.or.jp/price/price_ippan_lp_maitsuki.html (8) 経済産業省/LPガスの基礎知識>特性を知ろう>燃焼特性(2016年5月25日引用) http://www.lpgpro.go.jp/guest/learning/basic/02_04.html (9) パロマ/ガステーブルコンロカタログ2016.Ⅱ21ページ参照(2016年5月25日引用) https://www.paloma.co.jp/support/catalog/pdf/kitchen_general.pdf

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています