電気代・電気料金2016/07/12

ソフトバンクの電気料金の申し込み方法は?

ソフトバンクの電気料金の申し込み方法は?

ソフトバンクの電気料金の申し込みの方法はご存知でしょうか?電力自由化が始まる以前からテレビコマーシャルなどで新電力を始めたことを大々的にアピールしていたため、「ソフトバンクでんき」の名前を知っていた方も多いでしょう。しかし、電力自由化で申し込みできるようになったソフトバンクの電気料金メニューの申し込みはどうやったらよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?実は、ソフトバンクでんきは、ソフトバンクのスマートフォンや携帯電話などのユーザー向けの新電力であるため、いくら電気代が安くなるとはいえ、申し込みは電力自由化以前からのソフトバンクのユーザーか、新たにソフトバンクユーザーになってから申し込みをする必要があります。 申し込みたい電気料金が決まったら、申し込みはソフトバンクのホームページか、ソフトバンクの店舗で行います。ただし、インターネットでの申し込みは電気の契約者本人が行うことが条件となっているため、家族は申し込みができません。家族が申し込みを行う場合は、最寄りのソフトバンクの店舗で行うことになります。申し込みの際には手元に電力自由化以前から契約をしていた電力会社発行の検針票を用意しておくと、どのプランを選ぶと電気代がどれだけ得になるかがよくわかります。ソフトバンクでんきへの申し込みをしたら、それまでの電力会社への解約申し込みはソフトバンクがしてくれます。

ソフトバンクとはどういった新電力?

ソフトバンクでんきは、一般家庭向けの電力自由化を機に電力小売り市場に参入した新電力で、経営母体は携帯電話会社のソフトバンクです。ソフトバンクでんきの電気料金はソフトバンクのスマートフォンや携帯電話、インターネットとの同時申し込みで電気代が得になるというものです。消費電力に合わせて「スタンダードプラン」「バリュープラン」「プレミアムプラン」という3つの電気料金メニューがあり、その他に「FITでんきプラン」という再生可能エネルギーの割合を増やした電気料金メニューを用意している点がソフトバンクの電気料金の特徴です。 プレミアムプランの割引率が他のプランと比べて大きいため、電力自由化以前に電気代を多く払っていた家庭ほど得になります。しかも、一人暮らし世帯よりも家族の人数が多く全員がソフトバンクのスマートフォンや携帯電話ユーザーである家庭が申し込みをした方がソフトバンクでんきの電気料金の割引率が大きいため、ソフトバンクでは家族の人数が多い家庭に有利な電気料金プランと言えます。

ソフトバンクの電気料金申し込みで注意する点は?

ソフトバンクでんきの電気料金申し込みでは、まずソフトバンクでんきの申し込みが可能な地域かどうかをチェックする必要があります。スマートフォンや携帯電話は全国どこでも申し込みが可能ですが、ソフトバンクでんきはの申し込みが可能な地域が限られています。「スタンダードプラン」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の各電気料金メニューが申し込み可能なエリアは電力自由化前の東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアのみ、「FITでんきプラン」の申し込みが可能なエリアは、電力自由化前の東京電力エリアと北海道電力エリアのみです。また、オール電化の家庭はソフトバンクでんきの申し込みができません。さらにソフトバンクでんき電気料金メニューはいずれも2年契約となり、途中で解約すると解約料金が発生することも注意が必要です。このように新電力の電気料金を選べば必ずしも電気代が安くなるとは限りません。ですから、新電力への申し込みを考える前に、電気代がどれだけ安くなるか、しっかりシミュレーションしてみる必要があるでしょう。

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています