電気代・電気料金2016/11/21

東京電力VSLooop!電気料金はどちらが安い?

東京電力とLooopの電気料金プランには、大きな違いがあるようです。電力自由化後には、色々な新電力の電気料金プランが提供されるようになります。しかし、Looopの電気料金は東京電力などの電力会社とは大きく違うプランです。そして、電力自由化でこういったプランはどんどん増えていくでしょう。電気代を安くするためにも、新しい新電力の電気料金プランを見ることは非常に大切になるでしょう。ここでは、東京電力とLooopの電気料金を比較して、どのような違いがあるのかを詳しく紹介します。

東京電力とLooopの基本料金の大きな違いとは?

まず、東京電力と新電力会社Looopの基本料金の違いを見ていきます。東京電力といった従来の電気料金には、基本料金というのが存在します。契約アンペア数で金額が設定されるのですが、電力自由化である変化が起きました。その代表になるのがLooopなのかもしれません。それでは、東京電力とLooopのプランを見ていきます。 東京電力『従量電灯B』Looopでんき 30A842.4円0円 40A1,123.2円0円 50A1,404円0円 60A1,684.8円0円 一般的なプランは、東京電力のようにアンペアごとに基本料金が設定されます。しかし、Looopのプランでは基本料金が一切かかりません。つまり、使用した電力使用量によって電気代が決定されるという事なのです。ある意味ではこれが、電力自由化の究極の姿なのかもしれません。(1)(2)

東京電力とLooopの電力量料金を比較してみよう!

続いて、東京電力と新電力会社Looopの電力量料金の違いを見ていきます。Looopは、電力量料金にも特徴があります。この特徴は、東京電力などの電力会社や新電力会社のプランには見られないかもしれません。電気代が気になるのであれば、知っておくと良さそうです。 東京電力『従量電灯B』Looopでんき 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円26.00円 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円26.00円 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円26.00円 電力量料金は、電気代を決定するために重要になる部分です。東京電力のように、電力使用量が増加するごとに電力量料金は段階的に上がっていくのですが、Looopのプランでは常に一定です。基本料金がかからず、常に一定の電力量料金というシンプルなプランであるため、電気代の計算は非常に楽になりそうです。(3)

電力自由化は本当に安心?電気代が安くなる以外のメリットを知ろう!

Looopのような新電力会社の不安の1つに電力供給の問題があります。今までは、東京電力のような大手の電力会社が電力供給を独占してきました。しかし、電力自由化で多くの新電力会社が誕生したのですから、確実に電力を使用できるか気になるところです。Looopは、2015年7月電力事業開始から、着々と電力供給件数を増やし続けています。今後も増加するとされており、確実な電力供給が期待できそうです。また、Looopの使用している電気は太陽光や風力、水力などを使用した自然エネルギーです。地球にもやさしい電気ですから、エコ活動に興味のある方はぜひ検討してみてくださいね。(4)

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)LooopHOME>個人のお客さま>Looopでんきトップ>料金プラン https://looop-denki.com/low-v/plan/ (3)LooopHOME>個人のお客さま>Looopでんきトップ>料金プラン https://looop-denki.com/low-v/plan/ (4)LooopHOME>個人のお客さま>Looopでんきの特長 https://looop-denki.com/low-v/feature/

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています