電気代・電気料金2016/11/21

東京電力とジュピターテレコムの電気料金はどちらがお得?

東京電力とジュピターテレコムはどちらの電気料金が安いのでしょうか。電力自由化後に新電力として電力事業に参戦するジュピターテレコムですが、その電気料金プランの内容は東京電力の電気料金プランとどのように違うのか気になるところ。ジュピターテレコムは電気代野削減だけでなく、あらゆるサービスの提供も期待したくなる会社の1つかもしれません。しかし、電力自由化であらゆる新電力会社が電気代を安くできる電気料金プランをつくりだしています。1つ1つの電気料金プランを見ることは、電力自由化後を賢く生きることにつながるでしょう。そこで今回は、東京電力とジュピターテレコムの電気料金を内容を紹介します。

東京電力とジュピターテレコムの基本料金を見てみよう!

基本料金は電気代の一部になるものですが、契約期間中は契約時のままの金額が継続されるため、契約アンペア数の選択が重要になります。それでは、東京電力と新電力会社ジュピターテレコムの基本料金を見比べてみましょう。 東京電力『従量電灯B』ジュピターテレコム『家庭用コース 従量B』 30A842.4円842.4円 40A1,123.2円1,123.2円 50A1,404円1,404円 60A1,684.8円1,684.8円 東京電力とジュピターテレコムのプランの基本料金は同じです。そのため、基本料金では電気代に差が出ないことが分かります。(1)(2)

東京電力とジュピターテレコムの電力量料金を比較!

続いて、東京電力と新電力会社ジュピターテレコムの電力量料金を確認してみましょう。電気代の大部分は電力使用量によって決定されます。電力使用量が多くなれば電力量料金も高くなるので、それに比例して電気代も高くなるでしょう。ですので、電力量料金が安いプランを見つけることも非常に大切なのです。では、東京電力とジュピターテレコムで比較をします。 東京電力『従量電灯B』ジュピターテレコム『家庭用コース 従量B』120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円(東京電力第1段階電力量料金 × 電力使用量) × 0.5%割引 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円(東京電力第2段階電力量料金 × 電力使用量) × 1%割引 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円(東京電力第3段階電力量料金 × 電力使用量) × 10%割引 ジュピターテレコムの電力量料金は、東京電力の電力量料金に割引がされるという形になります。そのため、ジュピターテレコムの方が電気代を安くできるということが分かります。さらにジュピターテレコムでは、電力使用量が増えるごとに割引率も高くなるため、電力使用量多い家庭は、電力自由化後に検討してみても良いかもしれませんね。(3)

電力自由化で重要な新電力会社ジュピターテレコムのサービスとは?

電力自由化で気になるのが新電力が提案する新しいサービスです。ジュピターテレコムでは、電気料金プランとJ:COMの他のサービスを契約することで、さらに割引されます。ジュピターテレコムのサービスに興味があれば、一緒に契約するとお得です。ただし、初期費用や工事費用がかかるので、注意してくださいね。(4)

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)ジュピターテレコムホーム > サービス案内 > J:COM 電力 > 料金プラン(関東エリア) http://www.jcom.co.jp/ (3)ジュピターテレコムホーム > サービス案内 > J:COM 電力 > 料金プラン(関東エリア) http://www.jcom.co.jp/ (4)ホーム > サービス案内 > J:COM 電力 > 料金プラン(関東エリア) http://www.jcom.co.jp/

この記事を見た方はこちらも見ています