電気代・電気料金2016/11/21

東京電力と東急パワーサプライのプランを徹底比較!

東京電力と東急パワーサプライの電気料金を比べてみましょう。電力自由化で重要になるのが電気料金の内容です。PPSの電気料金は電気代が安くなる可能性がありますが、すべての世帯で電気代が安くなるとは限りません。そのため、電力会社やPPSの電気料金は1つ1つ比較することが必要になります。また、電力自由化後はPPSが提供するサービスにも注目です。もしかしたら、電気代が安くなる以外にも良いことがあるかもしれません。今回は、東京電力と東急パワーサプライの電気料金プランを比較してみます。

東京電力と東急パワーサプライの基本料金はどちらが安い?

電気料金で注目したいのが基本料金です。電気代が高くなる原因の1つに契約アンペア数が大きくなることで、固定の基本料金の負担が増えることがあります。電力自由化後には、電化製品の使用状況の改善が必要になるかもしれません。解決策1つとして、基本料金のの安いPPSや電力会社ンの電気料金プランを契約することが挙げられるでしょう。では、東京電力と東急パワーサプライではどちらの基本料金が安いのでしょうか。 東京電力『従量電灯B』東急パワーサプライ 30A842.4円788.4円 40A1,123.2円1,069.2円 50A1,404円1,296円 60A1,684.8円1,522.8円 東京電力と東急パワーサプライの基本料金は、東急パワーサプライの方が東京電力よりも安くなるということが分かります。特に、契約アンペア数が大きくなる家庭には有効なプランになりそうです。ただし、契約アンペアが20A以下の場合は、東京電力で30Aに変更しなくては東急パワーサプライで契約ができないので注意が必要です。(1)(2)

東京電力と東急パワーサプライの電力量料金を比較しよう!

電力使用量が多くなれば、電力量料金が高くなりますから、電気代は増えます。では、東京電力と東急パワーサプライではどちらの電力量料金が安いのでしょうか。 東京電力『従量電灯B』東急パワーサプライ 30A40A50A60A 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円19.41円19.41円19.41円19.41円 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円25.88円25.88円25.88円25.88円 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円29.03円28.43円28.43円28.43円 電力量料金についても、東京電力よりも東急パワーサプライは安いという事が分かりました。現時点で東京電力の電気料金プランを契約している人は、電力自由化後に東急パワーサプライの電気料金プランに変更すると、電気代は安くなる可能性があります。(3)

東急パワーサプライに契約変更を考えている人が気をつけたいこととは?

東京電力から東急パワーサプライにプラン変更を考えている人は注意が必要です。それは、東京電力でオール電化向けのプラン『電化上手』を契約している人は、東急パワーサプライのプランを契約できません。この場合は、その他のPPSに相談が必要になります。(4)

電力自由化後の東急パワーサプライが提供するサービスについて

東急パワーサプライの電気料金プランを契約すると、東急カードのポイントややイッツコムの割引き、東急PASMOのポイント付与など、東急グループの各社のサービスも受けられるようになります。電力自由化は、PPSの新しいサービスが受けられるというメリットもあるのです。(5)

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)東急パワーサプライトップページ >東急でんきのサービス・料金 >電気料金 http://www.tokyu-ps.jp/ (3)東急パワーサプライトップページ >東急でんきのサービス・料金 >電気料金 http://www.tokyu-ps.jp/ (4)東急パワーサプライトップページ >東急でんきのサービス・料金 >電気料金 http://www.tokyu-ps.jp/ (5)東急パワーサプライトップページ >東急でんきのサービス・料金 >東急でんきのサービス・メリット http://www.tokyu-ps.jp/

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています