電気代・電気料金2016/11/21

東京電力とイーレックスの電気料金の違いを徹底検証!

東京電力とイーレックスの電気料金プランを比較してみましょう。電力自由化が始まり、イーレックスなどの新電力会社の電気料金プランや東京電力といった電量会社の電気料金プランを自由に選べるようになりました。重要になるのが、その電気料金プランを契約することで電気代が安くなるかということではないでしょうか。ここでは、東京電力とイーレックスの電気料金プランを比べてメリットとデメリットを見ていきます。

東京電力と新電力イーレックスの基本料金を見てみよう!

まず最初に、東京電力とイーレックスの基本料金を比べてみましょう。電気料金を決定する際に重要になる基本料金ですが、最初の契約時に決定されますから、契約変更を行わないとそのままの基本料金が継続されます。電気代を安くするのであれば、基本料金を抑えることが大切です。では、東京電力と新電力イーレックスの基本料金はどうなっているのでしょうか。(1)(2) 東京電力『従量電灯B』イーレックス『従量電灯B(関東エリア)』 30A842.4円838.20円 40A1,123.2円1,117.60円 50A1,404円1,397円 60A1,684.8円1,676.40円 東京電力とイーレックスの基本料金を見たところ微妙ではありますが、イーレックスの方が東京電力よりも基本料金が安くなることが分かります。電力自由化後に契約変更を考えるのであれば、基本料金は比べておく必要があります。

東京電力とイーレックスの電力量料金を比較してみよう!

次に、東京電力と新電力イーレックスの電力量料金を比べてみます。電力使用量によって電力量料金は増減するため、電気代を抑えるには電力使用量の節約が重要です。では、電気代の肝になる電力量料金を東京電力とイーレックスどちらが安いのか比較してみましょう。 東京電力『従量電灯B』イーレックス『従量電灯B(関東エリア)』 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円19.35円 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円24.36円 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円27.24円 東京電力とイーレックスの電力量料金を比べると、こちらも微妙ではあるもののイーレックスは東京電力よりも電力量料金が安いということが言えます。(3)

電力自由化後に契約変更を考えている人への注意点とは?

イーレックスは、東京電力よりも電気料金は安いのですが、東北エリアや中部エリア、近畿エリアでは電気料金の設定が違います。そのため、すべての地域で電気代が安くなるとは限りないということになります。電力自由化後にイーレックスの契約変更を考える際は、エリアごとのプランを比較することが重要です。(4)

イーレックスのメリットとは?

電力自由化後には、新電力会社の数が増加すると言われています。新電力会社が電力自由化後を生き抜くには、電気代を安くする以外にも違った魅力がないと難しいかもしれません。イーレックスは、電力供給に関して実績のある会社でもあります。2015年12月時点での電力供給実績は7,000施設以上となっているため、信頼ができる会社の1つと言えるでしょう。電力自由化後の電気の生活を快適にしたいのであれば、1度検討してみても良さそうです。(5)

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)イーレックス・スパークマーケティングHOME>電気料金に関するご案内>メニューや単価 http://www.erexsm.co.jp/charge/menu.html (3)イーレックス・スパークマーケティングHOME>電気料金に関するご案内>メニューや単価 http://www.erexsm.co.jp/charge/menu.html (4)イーレックス・スパークマーケティングHOME>電気料金に関するご案内>メニューや単価 http://www.erexsm.co.jp/charge/menu.html (5)イーレックス・スパークマーケティングHOME>当社のサービス http://www.erexsm.co.jp/service/index.html

この記事を見た方はこちらも見ています