電気代・電気料金2016/11/21

東京電力と昭和シェルの電気料金は何が違う?

東京電力と昭和シェルの電気料金プランを比較して、どんな特徴があるのかを知りましょう。電力自由化であらゆる会社がPPSとして事業を展開しています。もちろん、東京電力のような電力会社もあるのですが、昭和シェルのようなPPSも複数あります。そのため、独特な電気料金プランがたくさん生まれているのが現状です。しかし、電気代が安くなれば嬉しいですが、選択したPPSの電気料金によっては、電気代が高くなる可能性もあります。電力自由化が始まりましたから、1つ1つの電気料金プランを比較してみると良いでしょう。そこで今回は、東京電力と昭和シェルの電気料金を比べていきます。

東京電力と昭和シェルの基本料金を見てみよう!

電気料金の基本料金は、契約するアンペア数で決定されます。基本料金は契約をすれば、契約の変更がない限り常に一定です。つまり、基本料金を抑えることができれば、電気代の節約に繋がる可能性が高くなります。それでは、東京電力と昭和シェルの基本料金を比べてみましょう。 東京電力『従量電灯B』昭和シェル『ドライバーズプラン』 30A842.4円842.4円 40A1,123.2円1,123.2円 50A1,404円1,404円 60A1,684.8円1,684.8円 東京電力と昭和シェル基本料金には差はないようです。ただし、昭和シェルの契約アンペア数は30Aからであるため、それ以下のアンペア契約ができないことについては知っておく必要があります。(1)(2)

東京電力と昭和シェルの電力量料金について見てみよう!

東京電力と昭和シェルの電力量料金は少し違います。そのため、東京電力と昭和シェルの電力量料金の違いについて知らないと、電気代を損してしまう可能性があります。ですので、東京電力と昭和シェルの電力量料金をしっかりと比べてみましょう。 東京電力『従量電灯B』昭和シェル『ドライバーズプラン』 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円100kWh未満(第1段階電力量料金)1,952.00円(固定) 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円100kWhから200kWh未満(第2段階電力量料金)4,422.40円(固定) 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円200kWhから300kWh未満(第3段階電力量料金)26.00円 300kWh以上(第4段階電力量料金)30.02円 東京電力と昭和シェルの電気量料金を比較すると、東京電力は電力使用量が少ない場合に有効なプランであることが分かりますが、昭和シェルになると、現状のプランよりも電気代高くなる可能性があります。昭和シェルの特徴として、電力使用量の多い世帯に特化したプランだといえるでしょう。電力自由化が始まり、特徴的なPPSのプランが誕生しましたが、PPSのプランがどんな世帯に向いているのか知ることは大切です。(3)

電力自由化で誕生した昭和シェルのセット割とは?

電力自由化で重要になるのがPPSの提供する新サービスです。東京電力のような電力会社にはできないサービスもあるため、注目したいところです。昭和シェルでは、600kWh以上電力使用量になると、1kWh当たり1円の割引きが受けられます。さらに、登録したカードで東京電力管内になるスタンドでガソリン代を払うと、1リッター当たり10円の割引きがされます。(4)場合によっては、年間で20,000円以上節約できる可能性があるため、電気代とガソリン代が気になる世帯は一度、電力自由化後に検討してみてはいかがでしょうか。

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)昭和シェルTOP>電気料金 昭和シェル石油株式会社 (3)昭和シェルTOP>電気料金 昭和シェル石油株式会社 (4)昭和シェルTOP>ガソリンの特割 昭和シェル石油株式会社

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています