電気代・電気料金2016/11/21

東京電力とミツウロコグリーンエネルギー株式会社のプランを比較しよう!

東京電力とミツウロコグリーンエネルギー株式会社の電気料金プランはどのように違うのでしょうか。電力自由化後に新電力として電気料金プランを提供するミツウロコですが、電気代が安くなければ、東京電力といった電力会社の電気料金プランを検討した方が良いかもしれません。しかし、電力自由化後に電気料金プランを提供する新電力の電気料金プランの多くは、電気代を安くすることが可能です。もしかしたら、ミツウロコのプランは電気代を抑えることができるかもしれません。今回は、東京電力とミツウロコの電気料金プランを比較して紹介します。

東京電力とミツウロコの基本料金は同じになる?

電力自由化後には電力会社や新電力会社のプランを比較できます。電力会社と新電力会社のプランの共通点として基本料金があることが挙げられます。この基本料金の設定は契約アンペア数で決まりますが、電気代に影響を与える部分なので非常に重要です。では、東京電力とミツウロコの基本料金を見てみます。 東京電力『従量電灯B』ミツウロコGE電気 30A842.4円30A842.4円 40A1,123.2円40A1,123.2円 50A1,404円50A1,404円 60A1,684.8円60A1,684.8円 東京電力とミツウロコの基本料金には差はないようです。そのため、基本料金だけで東京電力とミツウロコを選択するのは難しいといえるでしょう。(1)(2)

東京電力とミツウロコの電力量料金はどうなってるのか比べてみよう?

東京電力とミツウロコの電気代で差が出るのは、電力量料金と言えるかもしれません。電力量料金は電力使用量によって変化するため、電気代の増減に深く関係します。では、東京電力とミツウロコの電力量料金に比較を見てみましょう。 東京電力『従量電灯B』ミツウロコGE電気 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円21.43円 120から300kWh(第2段階電力量料金)25.91円22.63円 300kWh以上(第3段階電力量料金)29.93円25.24円 東京電力とミツウロコの電力量料金を見ると、電力使用量が120kWh未満の世帯は東京電力でそれ以上はミツウロコが良いということが分かります。ですので、1人暮らしや電力使用量の少ない世帯であればミツウロコではなく、東京電力のプランを契約した方が良いかもしれませんね。(3)

電力自由化で重要な新電力の気になるサービス!ミツウロコの場合は?

電力自由化では、電気料金の提供だけでなく新電力の新しいサービスの提供も行われます。ミツウロコも電力自由化後に新電力として家庭向けのプランを提供します。サービスとしては、特別なものはないようです。ただし、徹底的なコストダウンを図り、電気料金を安くしています。例えば、電気調達は自家発電だけでなく様々な発電事業者から電気を買い取り、低価格で電力を販売するように努力しています。また、インターネットでの申し込みや電気料金の支払いをカード会社に委託するなど、人件費などのコストも実現しています。さらには、ミツウロコの電気のほとんどが再生エネルギーであるため、環境にも優しいというメリットもあるのです。ミツウロコの電気料金は利用することで、安心が得られるプランなのかもしれませんね。(4)(5)

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)ミツウロコグリーンエネルギーHOME>電気料金・お支払い>電気料金単価 https://mitsuurokogreenenergy.jp/ryokin/tanka.html (3)ミツウロコグリーンエネルギーHOME>電気料金・お支払い>電気料金単価 https://mitsuurokogreenenergy.jp/ryokin/tanka.html (4)ミツウロコグリーンエネルギーHOME>ミツウロコGEの電気>安さのヒミツ https://mitsuurokogreenenergy.jp/mge/reason/ (5)ミツウロコグリーンエネルギーHOME>ミツウロコGEの電気>ミツウロコGEの電気の特長 https://mitsuurokogreenenergy.jp/mge/feature/

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています