電気代・電気料金2016/11/21

東京電力とローソンのプランを徹底比較!

東京電力とローソンの電気料金はどのように違うのでしょうか。ローソンといえばコンビニエンスストアというイメージがありますが、電力自由化後には新電力として電気料金プランも提供するため、ローソンにはさらに注目が集まりそうです。しかし、気になるのは電気代がどれだけ安くなるのかということではないでしょうか。では、大手電力会社の東京電力とローソンを比較して、どれくらい電気料金が違うのか見ていきましょう。

電力自由化で検討しよう!東京電力とローソンの基本料金はどれくらい違うの?

東京電力や新電力のローソンに限らず、その他の新電力の電気料金にも基本料金が発生します。基本料金は契約するアンペア数で変化しますが、固定の金額になるため、安く設定することで電気代は安くすることができます。では、東京電力とローソンの基本料金を比較してみましょう。 東京電力『従量電灯B』ローソン『きほんプラン』 30A842.4円842.4円 40A1,123.2円1,123.2円 50A1,404円1,404円 60A1,684.8円1,684.8円 このように東京電力とローソンの基本料金に差は見られないようです。そのため、基本料金の設定では、電気代に差は出ることはないと言えそうです。ですので、上手くアンペア契約数を設定することが重要になります。(1)(2)

東京電力とローソンの電力量料金の違いとは?

電力量料金は電力使用量によって変わってきます。電力使用量が増えれば、それに比例して電気代が高くなりますから、注意が必要です。では、東京電力とローソンの電力量料金を比較します。 東京電力『従量電灯B』ローソン『きほんプラン』 120kWh未満(第1段階電力量料金)19.43円19.43円 120~300kWhまで(第2段階電力量料金)25.91円25.91円 300kWh~(第3段階電力量料金)29.93円27.24円 電力使用量が300kWhまでであれば、東京電力とローソンの電気料金には違いがないようです。そのため、300kWhまでであれば、電気代は変わらないと言えそうです。しかし、300kWh以上の電力使用量になると、東京電力よりもローソンの方が約10%と安くなるため、電力使用量の多い家庭は、東京電力よりもローソンの電気料金プランの方が電気代は安くなるでしょう。(3)

電力自由化を楽しもう!新電力会社ローソンの新サービスとは?

電力自由化で重要になるのが、新電力が提供するサービスです。東京電力などの電力会社にはないサービスが期待できるため、大切な比較条件になります。ローソンでは、電気代1,000円ごとで10ポイントのPontaポイントが貯まるようになっています。電気代も安くなり、そのポイントをローソンで使用すればお得に買い物も可能です。さらに、ローソンのクーポンなどもメールで毎月届けられるので、それも利用ができます。(4)

電力自由化後を快適にしよう!

電力自由化が始まり、東京電力やローソンなどの電気料金プランを契約できるようになりました。また、その他にも多くの新電力の電気料金プランがあります。大切なのは、基本料金と電力量料金の値段設定、新電力のサービスが本当に自分のライフスタイルに合ったものなのかということでしょう。たくさんのプランを比較して、自分に合ったものを選べると良いですね。

(1)東京電力ホールディングス株式会社 http://www.tepco.co.jp/index-j.html (2)まちエネTOP>料金・サービス>料金プラン>料金プラン詳細 https://customer.machi-ene.jp/plan-detail (3)まちエネTOP>料金・サービス>料金プラン>料金プラン詳細 https://customer.machi-ene.jp/plan-detail (4)まちエネTOP>料金・サービス http://www.machi-ene.jp/plan/

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています