電気代・電気料金2016/10/06

遠赤外線ヒーターは電気代がかかる!どうやって節約する?

446_1

遠赤外線ヒーターの電気代は他の暖房器具よりも高いでしょうか?遠赤外線は身体を芯から温めてくれるため、遠赤外線ヒーターは冬場の暖房として魅力的です。

しかし、消費電力が高いため、長時間使うとなると電気代が気になりますね。遠赤外線ヒーターにはいろいろなタイプがあるので、どのタイプの暖房効率が良く電気代も安く済むか比べてみましょう。

電力自由化によって特徴ある電気料金プランを提示してくれるPPSも選べるようになりました。温かい遠赤外線ヒーターの電気代を節約して、懐も身体同様暖かくしましょう。

遠赤外線ヒーターの種類は?

遠赤外線ヒーターは、一般的に電気ストーブと呼ばれているものからパネルが熱くならない遠赤外線パネルヒーターや、発熱体にハロゲンやカーボン、セラミックなどをつかったハロゲンヒーター、カーボンヒーター、セラミックヒーターなどがあります。

ただし、セラミックヒーターには、遠赤外線を発生させないセラミックファンヒーターもあるため、遠赤外線ヒーターとしてセラミックヒーターをえらぶときは注意が必要です。

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの大きな違いは、ハロゲンヒーターよりもカーボンヒーターの方が波長の長い遠赤外線が多いという点です。

遠赤外線が多い方がより温かさを感じるため、同じ消費電力であれば、ハロゲンヒーターよりもカーボンヒーターの方が暖かさを感じられ、同じ暖かさを得ようとするなら、カーボンヒーターの方が電気代が安く済むと言えます

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています