電気代・電気料金2016/10/07

一般家庭の消費電力や電気使用量の平均はどれくらい?

一般家庭で消費電力量が増えている理由は?

一般家庭で使われる家電製品の消費電力は、新製品ほど低く抑えられているにも関わらず、一世帯あたりの消費電力量が増えているのはなぜなのでしょうか?

1つにはオール電化が進み、それまでガスで賄われていたエネルギーが消費電力の大きいエコキュートやIHクッキングヒーターなどに置き換わっていることや電気自動車の登場でガソリンの使用が電気に切り替わった家庭があることなど、一般家庭でも生活スタイルが変化し、それに伴って消費電力が増えていることが想像できます。

また、灯油の値上がりによりそれまで石油による暖房に頼っていた家庭がエアコンを始めとする電気を使った暖房機器を利用するようになったことも考えられます。更に、猛暑が続き、熱中症の対策として一般家庭に消費電力の大きいエアコンを利用するように呼びかけていることも関係しているかもしれません。

他にも、一般家庭のテレビも大型化して消費電力が増えたことや、携帯電話がスマートフォンに切り替わることで充電の回数が増えたことなど、細かい消費電力の増加の積み重ねが原因である可能性があります。

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています