電力自由化2016/11/30

電力自由化で札幌はどうなる?

4218_1

電力自由化後、札幌で選ぶことができる新電力

電力自由化以前は、電気の販売は既存の10社の電力会社だけが独占していたために、電気料金やサービスの競争が起きませんでした。そのために、不満があっても、既存の電力会社が決めた価格やサービスを使うことしかできませんでした。ですが、電気をつくること、電気を運ぶことが順に規制緩和され、2016年4月1日からは、完全電力自由化となりました。そのため、札幌でも北海道電力株式会社以外の事業者から電気を購入することができるようになります。電力自由化によって電気以外が主力の事業者が参入してくることで、札幌でも利用者にとって魅力あるプランが増えてくることが予想されます。例えば、札幌ではガスとセットにすることで電気料金が割安になるプランなどもあります。ふだんよく利用しているポイントカードがあれば、電気代に応じてポイントがたまるプランを検討してもいいでしょう。札幌が中心にはなりますが、北海道全域にサービスは発展しています。どのような新電力があるのでしょうか。

株式会社F-Power リエスパワー株式会社 株式会社エネット 日本アルファ電力株式会社 北海道瓦斯株式会社<札幌、小樽、函館、千歳、北見等(ガス供給エリア)> 株式会社V-power 株式会社サンエー アストモスエネルギー株式会社 株式会社藤田商店 株式会社イーエムアイ HTBエナジー株式会社 ワタミファーム&エナジー株式会社 クレアールエナジー株式会社 株式会社TOSMO ≪電力自由化後、登録小売電気事業者で札幌および北海道の一般家庭への販売を予定している業者平成28年4月1日現在(1)≫ 株式会社日本エナジーバンク 株式会社いちたかガスワン 株式会社ジェイコム札幌 株式会社アシストワンエナジー 株式会社トドック電力 株式会社エネコープ ≪電力自由化後、供給予定地域は未定だが、北海道内に本社をおく登録小売電気事業者(2)≫

札幌で電力自由化後に電力会社を選ぶ時の注意点

電力自由化で、一般の利用者にどんな変化があるのでしょうか。既存の北海道電力株式会社を使い続けることも、もちろん問題ありません。ただ、電力自由化で、既存の電力会社以外が参入することで、競争の原理が働き、私たちにとって選べるプランや事業者が増えるのです。電気料金が安くなることはもちろん、環境に配慮した電力を選ぶこともできます。また、ガス会社などでも、ガスや灯油とのセット割りなども始まります。寒さの厳しい札幌では灯油代の占める割合も多いですから、電気と合わせてどのくらい安くなるかトータルで考えることもポイントです。札幌はともかく、北海道では車が必須です。車検やガソリンと合わせて割引になるプランも電力自由化後に登場しているので、生活にあったものを選びましょう。これまでは月単位でしか分からなかった電気料金や使用量ですが、電力自由化によってスマートメーターが徐々に普及していきます。それによって、細かく30分単位で使用料を把握することができます。自分の家庭の電気の使い方が見えるようになることで、自分たちにとって最適なプランを選べるようになります。単身で昼間は不在ならば、昼など電気代が高い分、夜の電気代が安くなるプランを選ぶなど、より細かい選択肢が増えます。家庭ごとに適した電気料金体系を選ぶことこそが、電力自由化のメリットです。また、料金体系以外にも、国の登録を受けているか、契約の内容、トラブル時の対応先などといった基本的な事にも注意しましましょう。電力自由化後も、2020年の4月頃まで、札幌では今まで通り北海道電力株式会社の電気も使い続けられます。新電力によっては、一定期間内の解約で解約手数料がかかることがあります。電力自由化後、まだまだ新規参入してくる事業者もあります。焦らずに、家庭のライフスタイルや使い方をよく検討したうえで、納得のいく新電力やプランを選びましょう。

札幌の電力事情

札幌を県庁所在地におく北海道では、その寒さから冬場の暖房費の負担が大きくなります。暖房の他にも屋根などの雪を融かすための電熱設備を使用していれば、その分が電気代に加算されます。北海道電力株式会社では、震災後に2回電気料金を値上げし、既存電力会社の中で一番電気代の高い電力会社となっています。札幌でも電力自由化後は、新電力の参入で電気代が安くなる選択肢が増えそうです。現在の使い方を把握して、上手に新電力を選びましょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)経済産業省資源エネルギー庁、「電気事業制度の概要」、2016/4/1更新 詳細はこちら、2016/4/5引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています