電気代・電気料金2016/07/12

ソフトバンクのセット割でお得になる電気料金プラン。

セット割が流行する電力自由化後の電気料金プラン。

ソフトバンクがセット割を適用してお得な契約が可能になる電気料金プランを発表しています。電力自由化後は、ソフトバンクに限らずセット割を使ったお得なプランが複数のPPSから提供されており、電力自由化後のトレンドのひとつと言えそうです。では何故、電力自由化後のPPSが提供する電気料金プランにはセット割が増えているのでしょうか。電力自由化で電力市場に参入するPPSの多くは、本来電気以外の分野で得意分野や本業をもつ企業です。ソフトバンクは携帯電話事業の3大キャリアのうちのひとつに数えらえることからも、そのことが伺えます。他のPPSを見ても、石油卸業者大手が母体のPPSであるENEOSでんきや、同じ携帯電話事業大手のauでんき、ガス事業からのPPSとして東京ガスが存在するなど、実に様々な分野から電気料金プランが提供されるのです。これら電力自由化後のPPSは、新たに参入する事業と本来得意とする事業にシナジーを発生させるため、積極的に自社の電気料金プランに付加価値を付けています。そして、電気料金プランに付加価値を付けるためのもっとも簡単でわかりやすい方法として、セット割が選ばれていると言えるでしょう。セット割のメリットは、節電対策や消費電力量対策では減らすことのできなかったコストを、契約しているだけで削減できる点にあります。生活にかかるコストは電気代だけではありませんから、ただ契約しているだけで生活コスト全体にメリットがあることは、消費者にとっても有り難いですよね。今回紹介するソフトバンクのセット割も、これまでの節電対策では削減しづらかった点にフォーカスしています。そこで次の段落からは、ソフトバンクのセット割の内容を詳しく見ていきましょう。

ソフトバンクのセット割で削減できるコストは2種類。

ソフトバンクが実施するセット割で、電気代以外のコストを削減することが可能です。ソフトバンクでは、ソフトバンクでんきの電気料金プランと、スマホ契約やインターネット回線契約を併せて契約することで、それぞれの費用が安くなります。『でんきセット』では、電気料金プランとスマホのセット割でスマホ料金が毎月300円の割引、もしくはインターネットとのセット割でインターネット料金が毎月300円の割引となっています。(1)前述したようにスマホ料金やインターネット料金は、節電対策で消費電力量を減らしたとしても削減できるものではありませんでしたので、電力自由化後のPPSならではのサービスと言えそうです。ソフトバンクはこの『でんきセット』の他にも『光セット』というサービスも提供しており、こちらはスマホ料金とインターネット料金のセット割で毎月2,000円が割り引かれるというもの。(1)光セットとでんきセットは同時に適用されるようなので、電気料金プラン、スマホ、インターネットという3つの契約を全てソフトバンクにまとめることで、生活にかかるコストが毎月最低2,300円は削減できることになりますね。節電対策だけで毎月2,300円を減らすには、それなりの労力と気遣いが必要です。一方、ソフトバンクでんきが提供するようなセット割は、契約しているだけで一切の労力なしに割引が適用されることが大きなポイント。消費電力量対策や節電対策、電気代の削減に疲れてしまった方には、おすすめのプランかもしれません。

ソフトバンク以外のPPSにも注目?

ソフトバンクのセット割の内容を紹介してきましたが、消費電力や節電以外のサービスを展開する企業は、ソフトバンクだけではありません。消費電力量1kWhあたりの電気代が安いことに越したことはありませんが、電気代は将来にわたって値上がりすることも考えられます。一時的な電気代の安さだけで電気料金プランを選択していては、知らずのうちにお得なプランを見逃してしまうことにも繋がるでしょう。電力自由化後は、ソフトバンク以外のPPSも十分に検討して、自分のライフスタイルに合ったプランを契約することをお勧めします。節電で消費電力量や電気代を減らすことよりも、生活に何かがプラスされるようなプランを検討することも1つの方法かもしれません。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)Softbank、ホーム > エネルギー > おうち割、Softbank、-、http://www.softbank.jp/energy/ouchiwari/、2016/3/16引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています