電力自由化2016/04/22

電力自由化が2016年からスタート!?

416_電力自由化 2016

2016年4月から始まり、いよいよ本格的に関連企業の動きが活発になってきました。電力小売の完全自由化がはじまり、既存の電力会社に加え、新規参入してきた新電力会社(PPS)も、それぞれのサービス内容を少しずつ明らかにしています。

また、家庭に直接影響を与えることになる2016年の電力自由化に関しては、電気料金のことや新電力(PPS)のことなどを中心にニュースでも取り上げられる機会が増えました。

これまで設けられていた規制の緩和や撤廃、万が一に備えた供給力の確保など、2016年のスタートを機に新しい仕組みへの移行が急ピッチで進められています。

【こちらの記事もおすすめです】
  1. あなたはダマされてない!?タイプ別「電力自由化詐欺」9つの手口
  2. 「コツコツポイント派」「ガス・通信まるっとセツヤク派」・・・10秒カンタン診断で電力自由化で最適なプランをオススメします♪
  3. エアコンの電気代は1ヶ月でどれくらいかかる?
  4. 月10万貯金するために効果的な節約術とは?

2016年の電力自由化では何が変わるのか

ニュースでも取り上げられる機会が増えた電力自由化ですが、2016年4月に自由化されたのは、家庭向け電力の小売りです。

実は、電力自由化は2000年から段階的にスタートしており、大型ビルなどから順に導入されてきました。ですから、ニュースで2016年を「電力自由化元年」と言っていても、完全自由化の元年であって、新電力会社などの新規参入はかなり前から始まっていたのです。

しかし、2016年から家庭向けの電力小売りが自由化されたことで、これまで電力を使わない以外には節約の方法が無かった家庭の電気料金が大きく変わることは間違いありません。電力自由化に際し、異業種からも様々な会社が新電力(PPS)として電力業界に参入してきました。

それにより、電気会社ごとに異なる電気料金が提示されることになり、電力と他のサービスをセットにした割引も可能になります。

そのため、電気料金単独でなく、家庭生活にかかる費用をトータルに見て電気会社を選ぶことが必要になってきました。

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています