電力自由化2016/07/12

ソフトバンクへの申し込みでお得になるプランが判明。

ソフトバンクへの申し込みから見える電力自由化後の電気料金。

ソフトバンクへ申し込みを利用して、お得な電気料金プランの契約が可能です。電力自由化後は、ソフトバンクだけではなく、複数の申し込みを使ったお得なプランが増えています。複数の契約に対する申し込みでお得になるプランは、様々な新電力から提供される傾向があり、電力自由化後の流行になりそうです。ここで複数の契約への申し込みがお得になる理由を考えてみましょう。電力自由化後の新電力が提供する電気料金プランには、本来新電力が得意とする分野のサービスが含まれています。電気料金プランとともに、これらのサービスに申し込みをすることで、セット割やポイントバックが発生することがほとんどです。電力自由化で電力市場に参入する新電力は、電力事業以外で得意分野をもつ企業です。例えばソフトバンクは、大手3大キャリアの1つとして携帯電話事業が得意分野になります。ソフトバンク以外の新電力でも、ENEOSでんきやauでんき、J:COM電力などは、それぞれの業界で大手企業として活躍していますよね。これら電力自由化後の新電力は、新たに参入する電力事業と本業の間にシナジー効果を発生させ、顧客をできるだけ多く囲い込むことで利益をあげようとしているのでしょう。複数の契約申し込みでお得になる電気料金プランが多いのは、このような企業側の思惑が働いているものと推測されます。一方、消費者側からすると複数の契約への同時申し込みで、節電対策や消費電力量対策では削減できなかった電気代以外のコストを、ほぼ自動で減らせるメリットがあります。節電対策で消費電力量を減らすことにより電気代は確実に安くなりますが、それなりの労力と生活スタイルの変化を求められますよね。複数契約への同時申し込みでは、そのような労力が一切なく、単に契約しているだけでメリットが発生し続けます。生活にかかるコストは電気代の他にも、携帯電話料金、インターネット通信費用、ガス代など様々なものが存在しますから、手間や労力の削減になるのです。今回紹介するソフトバンクでんきへの申し込みも、節電対策では削減できなかったコストを減らしています。

ソフトバンクでんきへの申し込みで受けられる割引は複数存在。

ソフトバンクへの申し込みで、電気代以外を減らすことができます。ソフトバンクでは、ソフトバンクでんきの電気料金プランとスマホ契約、もしくはインターネット回線契約へ同時に申し込みをすることで、それぞれの月額料金が安くなります。 『でんきセット』は、電気料金プランとスマホの同時申し込みでセット割が発生し、スマホ料金が毎月300円の割引。(1)またはインターネットとの同時申し込みでインターネット料金が300円割引となります。(1)スマホやインターネットにかかるお金は、節電対策で消費電力量を減らしても対策できませんでしたから、電力自由化特有のサービスと言えそうです。さらにソフトバンクは『光セット』というサービスも提供しています。こちらはスマホ料金とインターネット料金の同時申し込みによるセット割で月額2,000円の割引が受けられます。(1)光セットとでんきセットは同時適用可能なので、電気代、スマホ代、インターネット代の3つをソフトバンクにまとめることで、月額2,300円の割引が自動的に受けられることになりますね。節電対策だけでこれだけのコストを減らすには、生活スタイルの改善やそれなりの手間が必要になるでしょう。一方、ソフトバンクでんきへの同時申し込みでは、契約を継続しているだけで割引が受けられますので、節電対策による消費電力量や電気代の削減に限界を感じている方にはおすすめできそうです。

ソフトバンク以外でも新電力への申し込みで特典が存在。

ソフトバンクへの申し込み以外でも、各種特典を受けることができます。新電力の電気料金プランは、消費電力量1kWhあたりの電気代以外の部分でメリットがあるのです。電力自由化後は新電力の電気料金プランに申し込みをすることで、新電力がもともと持っている強みを活かした特典が付与されるようになっています。石油卸系事業者のENEOSでんきではガソリン代や灯油の割引が存在し、ガス会社の新電力である東京ガスではガスとのセット割引が提案されています。これらは多くの新電力がそうであるように、ごく普通に節電対策をするよりもメリットが発生しやすいのです。また、消費電力量1kWhあたりの電気代の安さより、付加価値として提供される割引やポイントを考えたほうが、電気料金プランを選びやすいかもしれません。電力自由化後の新電力を活用して、節電対策をすることなく光熱費やその他の生活コストが下がれば、生活に余裕がでやすいことになります。電力自由化後は、節電対策や電気代の安さだけにとらわれず、色々な新電力への申し込みを検討することをおすすめします。節電対策で消費電力量を減らしたり、消費電力量あたりの単価を安くしたりするよりも良い結果になる可能性がありますからね。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)Softbank、ホーム > エネルギー > おうち割、Softbank、-、http://www.softbank.jp/energy/ouchiwari/、2016/3/17引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています