電力会社2016/10/14

新電力でどこが安いか比較!電力自由化で一番お得なのはどこ?

ポイントは電気料金プランは一般電力会社と新電力を正しく比較して決めること。

 「新電力の電気料金は安い」「一般電力会社の方が安定している」などと言う単純な比較ではなく、きちんとそれぞれの企業の理念や実績、提携企業など、あらゆる面を比較して、契約先を決めることが大事です。

これまで決められた電力会社からしか電力供給を受けられなかった日本の需要家にとって、巨大規模の電力市場が開放されることは吉にも凶にもなり得ます。電気料金の安さだけで比較せず、広い目で見て自分の生活スタイルと合った電力会社から電力供給を受けられるようにすることが、電気料金を安くすることにも繋がるでしょう。

特に日本中に目を向けると新電力の登録業者数が多いため、比較が面倒に感じられるかもしれませんが、実際に稼働している業者はわずか1割ほどです。自分の住んでいる地域に合っているかも比較の対象にすると絞りやすいでしょう。きちんと内容を比較して、しっかり得できるプランを選びましょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元)
(1)(2)は以下を参照している。 資源エネルギー庁「電力調査統計」
(http://www.enecho.meti.go.jp/statistics/electric_power/ep002/)

「電力会社」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています