電力自由化2016/11/21

電力自由化は単身生活でも恩恵があるのか?

電力自由化は単身生活者にどう影響するのか。

電力自由化は単身生活にどのような関係を持つのでしょうか。2016年4月から開始される電力自由化は、PPSの参入によって電気料金プランに激しい競争を巻き起こすとの見方が有力です。実際、電力自由化では新たな3段料金や消費電力量単位の電気代、節電情報の提供などで、電気料金プラン契約者への積極的なアピールが増えています。しかしこれらのサービスのターゲットは主に、『大口利用者』に向けたものと言えそうです。実施に大手電力会社10社では、電力自由化前までのプランを据え置いた上で、消費電力量が多くなる家庭向けの新プランを創設しています。PPS各社も、大手電力会社の電気代を意識しつつ、若干安めの電気料金プランに付加価値をつけた形が大半です。つまり、電力自由化の恩恵を最も受けやすいのは消費電力量が比較的多いファミリー世帯ということになります。単純に電気代の安さという観点で言えば、単身者のように毎月の消費電力量が300kWh前後におさまってしまう場合では、電力自由化前の電気料金プランが無難な選択肢と言えそうです。しかし、一旦節電対策や消費電力量1kWhあたりの電気代、毎月の電気代といった内容から離れてしまえば、単身生活者にもメリットがある電気料金プランが存在します。そこで次の段落では、電力自由化後に単身生活者にメリットがありそうな電気料金プランを紹介します。

電力自由化後に単身生活におすすめな電気料金プランは?

電力自由化後に単身生活におすすめな電気料金プランを考えてみましょう。単身生活ではそもそもあまり消費電力量が多くならず、毎月300kWh前後におさまることが多いでしょう。社会人として働いている単身生活者であれば、1日の半分は家を空けることになりますからね。一方、消費電力量は少なくても生活に必要なインフラは一通り必要です。電気料金契約の他に、ガス契約、水道、インターネット、携帯電話などがインフラとして挙げられます。単身生活では、もともとの消費電力量が少ないことから節電効果があがりにくく、このような生活インフラとのセットでメリットを発生させる方向で考えたほうが良いでしょう。例えば、電力自由化後のソフトバンクでんきが提供する『おうち割・でんきセット』では電気料金プランとスマホ、インターネット接続などがセットになることで割引が発生します。(1)さらに非常に便利なポイントサービスであるTポイントを、電気代1,000円ごとに5ポイント貯めることができるのも単身生活では嬉しいところ。(2)実質的な電気代が他のPPSに比べて割高であったり、割引額が少なかったりしても、節電の手間をかけずにポイント付与や割引が受けられることに注目です。単身生活は仕事と私生活の両立が忙しく、なかなか節電まで手がまわらないことも多いでしょう。そんな時は電力自由化後の、付加価値の高い電気料金プランを選択することで、自然とメリットが受けられるようになります。

電力自由化で単身生活者が注目すべき点を総括。

電力自由化後に単身生活者が注目すべき点は、『付加価値の高さと範囲』かもしれません。単身生活ではそれほど電気代が高額にならないことから、節電対策の効果がわかりにくく、尚且つその時間もありません。できるだけ手間をかけず、契約しているだけで付加価値を受け取ることができ、なおかつその価値の利用範囲が広いとメリットが大きくなります。前述したTポイントは良い例で、毎月自動で貯まる上に、使える場所も非常に多いですよね。PPSのプランにはこのような内容のプランが多く、PPSによっては携帯電話や燃料費などの割引が受けられることもあります。2016年の電力自由化では恩恵をうけにくい単身生活者ですが、PPSや大手電力会社のプランをじっくり比較して、手間なく恩恵を受けられるものを選択してみてくださいね。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)SoftBank、ホーム > エネルギー > おうち割 > おうち割 でんきセット、SoftBank、-、http://www.softbank.jp/energy/ouchiwari/denki/、2016/3/11引用 (2)SoftBank、ホーム > エネルギー > 料金プラン > Tポイントでおトク、SoftBank、-、http://www.softbank.jp/energy/price/tpoint/、2016/3/11引用

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています