電力自由化2016/07/12

関西電力との手続きで必要になるお客様番号とは?

2802_1

関西電力と契約するとお客様番号が発行されます。このお客様番号は、関西電力との手続きの際に必要になってくるものです。しかし、このお客様番号を忘れる可能性もあるため、お客様番号をいつでも確認できる方法を知っておくと便利でしょう。また、関西電力だけがお客様番号を発行しているわけではありません。

関西電力以外の電力会社や電力自由化で契約できるようになる新電力会社もお客様番号を発行するでしょう。電力自由化で新電力の電気料金を選べるようになれば電気代も安くできるかもしれませんが、すべて自己責任となることも考える必要があります。

今回は、関西電力を例に挙げてお客様番号を知っておくことのメリットを紹介していきます。

関西電力のお客様番号はどんな手続きで必要になる?

関西電力との契約の際に電気料金の変更や名義変更、引っ越しの手続きなどで使用します。もし、これらの手続きを関西電力でしようと考えている場合、お客様番号を把握しておくとスムーズに手続きができるでしょう。

そのため、お客様番号については、いつでも確認できるようにしておくのが得策です。(1)

関西電力のお客様番号はどこで確認できるの?

関西電力のお客様番号を忘れた場合、どうすれば良いのでしょうか。お客様番号の確認方法として、関西電力が配送される「電気使用量のお知らせ」があります。電気料金や電気代の状況を確認できる明細書になりますが、その中に関西電力のお客様番号が書かれています

また、この「電気使用量のお知らせ」は、消費電力量の確認ができるため、節電の目安として使用することができます。(2)消費電力量が増加すれば、電気代にも直接影響を及ぼします。そのため、消費電力量を節電するためにも「電気使用量のお知らせ」を確認しておくと良いでしょう。

お客様番号が確認できる?関西電力のインターネットサービス『はぴeみる電』とは?

関西電力のお客様番号を確認できる手段として、関西電力の『はぴeみる電』の利用があります。これは、インターネットを使用したサービスなので、確認が容易であるというメリットがあります

また、現在の電気代や消費電力量を確認できるため、節電のタイミングを計ることができます。さらに、過去の消費電力量の状況や電気代についても、見ることができるため、節電をする際のヒントとしても活用できます。

電気代の節約には節電が必要不可欠です。少しでも消費電力量を節電したいのであれば、こういったサービスについても知っておくと良いでしょう。(3)(4)

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています