電力自由化2016/10/14

東京電力の解約手続きのポイント

2791_1

東京電力の解約手続きを確認

東京電力の解約に関する手続きはどのように進めれば良いのでしょうか。電力自由化により新電力会社(PPS)へ切り替える方も多いかと思われますので、東京電力株式会社(以下東京電力)の解約手続きに関することについて知っておきましょう。

東京電力の解約をする場合、東京電力側の状況によっては直ぐに解約できない可能性もあるので、解約する意思が固まったらできるだけ早めに利用停止の連絡をしましょう。解約手続きは電話やFAX、インターネットからできますが、この際にお客様番号があるとスムーズです

特に、インターネットから手続きする際は必要ですから、お客様番号が記載されている検針票を保管しておきましょう。

解約当日に立ち合いは必要?

東京電力の解約手続き当日は、基本的に立ち合う必要はありませんが、建物がオートロックで検針員が見られない場合、検針後に電気代の精算を行う場合は立ち合う必要性があります。立ち合いをしない場合は、東京電力の検針員が解約をした翌日にメーターの確認をします。

また、電気の利用は解約日当日でも使えますが、引っ越しなどで自宅に戻らないのであればブレーカーを落とします。尚、電力自由化でPPSへ契約を切り替える場合は、東京電力に対して解約の手続きをする必要性はありません。

簡単に考えると、電力自由化で契約先をPPSへ切り替えても電気の保守は継続して東京電力で行い、電気の支払先がPPSになる仕組みです。

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています