電気代・電気料金2016/07/12

IHヒーターの比較で大切なことは?

IHヒーターの機能比較で必要な機能がわかる。

IHヒーターの比較を機能で行ってみると、自分の生活に適したIHヒーターがわかるかもしれません。IHヒーターには、基本的な機能であるヒーター部分の消費電力やグリルの有無、さらにオールメタル対応機能や音声ガイド機能、ビルトインタイプなのか据え置きタイプなのかなど、様々な比較ポイントがあります。また、IHヒーター導入を考えている家庭の世帯構成やライフスタイルによっても、比較ポイントは変化するでしょう。お年寄りや小さなお子様がいる家庭であれば、グリルガード機能やチャイルドロック機能、音声ガイド機能が有効ですキッチン周りは何よりもまず清潔さと安全さが優先されますから、大切な比較ポイントです。一方、働き盛りの大人が中心の家庭では、魚がおいしく焼けるグリルの機能や、調理のしやすさを追求したビルトインタイプ、使い勝手に直接関係するパネル機能などが比較ポイントかもしれません。さらにIHヒーターの中には、グリルの煙をカットする機能や自動調理機能もありますので、価格以外でも様々な面で比較することが大切です。自分の生活とIHヒーターの機能を比較しながら、最も便利に使える機能を選択して購入してみてください。

IHヒーターの比較では価格も大切。

IHヒーターを比較する上で無視できないのが、実際の価格です。最低限必要な火力を実現するための消費電力、ヒーターの口の数、グリルの有無などを考慮し、今回は消費電力3kWのヒーターが2つ以上あるタイプで価格の比較を行ってみましょう。まず日立のモデルで『サイレントケムレス』という煙除去機能をもつモデルです。価格は108,000円で、本格的なIHヒーターの中ではリーズナブルな部類です。(1)発売年が2007年と少し古いため、割安な価格のようです。しかし機能面では消費電力3kWのヒーター2つとグリルを備え、煙や匂いの除去機能があり、自動調理機能にも対応しています。 次にPanasonicの2012年発売のIHヒーターで、価格は168,000円です。(2)基本的には日立同様、消費電力3kWのヒーター2つ+グリルという構成で、オールメタル機能を備えています。オールメタル機能は熱効率が落ち、消費電力量や電気代が多くなるというデメリットがあるものの、アルミ鍋などでも加熱が可能でとても便利です。以上、二つのIHヒーターの価格を比較してみましたが、本格的なIHヒーターが10万円前後に集中しているようです。自分のライフスタイルと比較しながら、どのIHヒーターが良いのか、節電対策や毎月の電気代を考慮しつつ選択することをおすすめします。

電力自由化後のPPS利用は電気代以外の比較のチャンス。

IHヒーターの比較について機能別、価格別に見てきました。電力自由化後も引き続き機能や価格で選ぶことには変わりありませんが、毎月の電気料金や節電対策については少し事情が変わるかもしれません。電力自由化後はPPSと呼ばれる新規参入業者が激増し、それに伴って電気料金プランも増えます。電力自由化前までは電気料金プランを比較するポイントは、消費電力量1kWh当たりの電気代や、節電しやすい体系かどうかが主なものでした。しかし電力自由化後のPPSが提供する電気料金プランは、電気代や節電と別のところで付加価値を付けており、比較や選択のチャンスとなります。電気代や消費電力量、節電対策よりも灯油代やガソリン代を節約したいという方向けのPPSや、ポイントサービスを使って携帯電話料金を支払うことが可能になるPPSもあります。このように電力自由化のPPSは自社の強みを電気料金プランと一体化し、家庭に提供するのです。電力自由化後は、節電対策や電気代とは別の視点で電気料金プランを選ぶ時代が来るかもしれませんね。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)上新電機、トップページ > キッチン >サイレント ケムレス HT-330S 、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/22引用 (2)上新電機、トップページ > キッチン >Panasonic KZ-KM22D 、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/22引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています