電気代・電気料金2016/07/12

IHヒーターの消費電力は?効率よくIHを使おう!

2712_1

IHヒーターの効率的な使い方。

IHヒーターは消費電力が大きくなるため、効率の良い使い方を知っておく必要があります。まずIHヒーターの消費電力量を減らす工夫として、IHヒーター専用の鍋を使うことをおすすめします。最近ではどんな金属素材でも加熱処理が可能な、オールメタル対応のIHヒーターが存在していますが、できるだけIHヒーター専用の鍋を使うことで熱効率が良くなり、消費電力量が減ります。次に、IHヒーターは余熱時間が必要ありませんので、余熱処理を辞めることでも節電対策が可能です。ガスコンロなどでは熱が伝わるまで時間がかかりますが、IHヒーターは容器そのものが熱を発しますので、余熱処理が不要になります。最後に、2口タイプのIHヒーターで片方の口に複数の鍋を乗せるという方法があります。保温や再加熱のような小さな熱量で十分な場合は、鍋や容器の一部分が触れるように設置すれば、複数の対象を一度に加熱できますね。このようなIHヒーターの消費電力量対策で利便性と節電を両立させることができ、電気代も安くなるでしょう。

IHヒーターの消費電力は?

IHヒーターの消費電力は、IHヒーターのタイプによって異なります。ガスコンロの代わりとして数人の世帯で使うタイプであれば、最大で5kW以上の消費電力になるでしょう。2口タイプで片方がそれぞれ3kW、さらにグリルとの同時仕様でかなり消費電力量が増えますね。(1)一方、簡易的なIHヒーターは、電子レンジとほぼ同等の1,300Wから1,400Wのものも存在します。ただしこれらの簡易的なIHヒーターは、消費電力を抑える代わりに火力も低いため注意が必要です。IHヒーターは消費電力が大きい器具ですが、短時間で加熱処理が可能なことから、消費電力量が極端に増えることは稀でしょう。しかし煮物やカレーといった長時間煮込む料理では、高火力で長時間使用することの無いよう節電に配慮することをおすすめします。オール電化向けのプランに変えることでも電気代の削減ができますので、電力自由化の機会に新電力会社の電気料金プランを検討することも効果的です。

電力自由化後の新電力登場で消費電力量よりも考慮することは?

IHヒーターは消費電力量に配慮して使う必要がありますが、前述したように電気料金プランの見直しで節電以上の効果が見込めます。特に2016年4月からの電力自由化で、大手電力会社と新電力が顧客獲得競争を繰り広げているため、割安な電気料金プランが登場しています。電力自由化後は、新電力各社が電気代以外の部分の付加価値を高め、大手電力会社も電気料金プランを改定するなど、サービス内容が多様化していくでしょう。一方は電気代が安く済み、また一方では電気以外の付加価値が高まるため、どちらが得かは生活スタイルによって変わります。単に消費電力量1kWh当たりの電気代が安くても、ガスやガソリン代の消費量も多ければ、節約の範囲は限定的ですよね。電力自由化後の新電力は、自社の電気料金プランとの組み合わせで、ガスやガソリン、灯油などが安くなるサービスも展開しています。電力自由化後はこれら節電だけでは減らすことのできなかったコストも、総合的に考える必要があるのです。まず自分の生活に何が必要で、どのサービスを選択することが最も恩恵が大きいかを見極め、消費電力当たりの電気代や節電だけにとらわれないような電気料金プランの選び方をおすすめします。新電力各社のサービスを比較してみてくださいね。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)上新電機、トップページ > キッチン >Panasonic KZ-KM22D 、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/21引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています