電気代・電気料金2016/07/12

IHクッキングヒーター比較を行う上でのポイントは?

2709_1

IHクッキングヒーター比較で注意すべきポイントは?

IHクッキングヒーター比較で商品を比べる場合、それぞれ重視するポイントがあると思います。消費電力量や火力の強さ、節電に便利な機能がついているか、埋め込みタイプか据え置きタイプか、ヒーターの口は何個あるか、そして価格などIHクッキングヒーター比較の基準は沢山あります。この中で重視すべきポイントをあえて挙げれば、消費電力量と火力かもしれません。特にこれまでガスコンロを使っていた方は、IHとガスの火力の違いに戸惑うケースがあります。ガスコンロとIHクッキングヒーター比較でわかることですが、IHでは余熱が必要ありません。IHは炎を使った加熱ではないため、余熱を使うと消費電力量が多くなり、電気代の無駄に繋がります。また、最大火力はガスコンロとIHクッキングヒーター比較の結果、ガスコンロが優れている場合があります。これまでと同じ火力を望むのであれば、ヒーター1つあたり消費電力3kW以上の火力があるタイプを選ぶと良いでしょう。火力と消費電力は、使い勝手や電気料金に直接関係ある部分ですので、IHクッキングヒーター比較で重視すべきです。

価格でIHクッキングヒーター比較をすると?

IHクッキングヒーター比較をする上で、機能面とともに気になるのが価格です。ガスコンロとIHクッキングヒーター比較で、IHクッキングヒーター本体の価格の高さに驚く方もいるかもしれません。ガスコンロが数千円から10万円前後の価格幅に集中していることに対し、IHクッキングヒーターは20,000円程度から20万円前後に主力商品が存在しています。具体的に販売されている商品でIHクッキングヒーター比較をしてみると、本格的な2口+グリルのタイプでかつ加熱する容器を選ばない『オールメタル対応』であれば、16,8000円となります。(1)もう少し安く、消費電力や火力に見劣りがないもののオールメタル対応機能がない場合、108,000円です。(2)一般的な家庭用ガスコンロからの切り替えであれば、このあたりが無難かもしれません。なおIHクッキングヒーター比較の結果、グリルがないお手軽なタイプにすると価格はぐっとリーズナブルになり、23,000円程度のものが存在します。(3)消費電力が小さい分火力が劣ることになりますが、一人暮らしや補助的な用途あれば十分かもしれませんね。安い買い物ではありませんので、日々の節電対策を考慮しながらIHクッキングヒーター比較をした上で、購入することをおすすめします。

電力自由化後はPPSの登場が変化をもたらす?

IHクッキングヒーター比較で重視すべきポイントや、IHクッキングヒーター比較の価格について紹介してきましたが、ランニングコストも無視できませんよね。IHの場合、ランニングコストは電気代になります。節電が気になるものの、火力を実現するためには消費電力の大きなモデルを使う必要がありますし、電気代が心配になるでしょう。ガスコンロとIHクッキングヒーター比較の結果、電気代よりもガス代のほうが安いというのであれば、ガスを選ぶ方法もあります。しかしこれはあくまで電気料金プランや電気代、ガス代といった直接的なコストを比較した場合の考え方です。2016年4月からの電力自由化ではPPSが多様なサービスを展開します。もともと電力自由化以前は異業界で活動していたPPSが多いだけに、電気料金以外の部分で強みを持っているのです。この強みを電力自由化の機会に、付加価値へと変えているPPSが増えています。これまでIHと言えば節電対策や消費電力、毎月の電気代が気になる話題でしたが、PPSが提供する電気料金プランにはこれら以外のサービスが含まれているのです。例えば携帯電話とのセット契約、ポイント提携による料金充当サービス、ガソリンや灯油などの割引サービスなど、どれも節電対策では実現しづらかったものばかりです。電力自由化後は、単に節電しやすく割安な電気料金プランか付加価値の高いサービスかで、生活に変化がでるかもしれませんね。電力自由化後に激増するPPSの電気料金プランから、よりライフスタイルに合ったものを選んでいきましょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)上新電機、トップページ > キッチン >Panasonic KZ-KM22D 、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/22引用 (2)上新電機、トップページ > キッチン >サイレント ケムレス HT-330S 、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/22引用 (3)上新電機、トップページ > キッチン > YAMAZEN IHW-D1460C-G、Joshinネットショッピング、-、http://www.jpsnet.jp/、2016/2/22引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています