電気代・電気料金2016/07/12

IHキッチンの電気代は?具体的に検証。

IHキッチンで暮らしはどう変わる?

IHキッチンの電気代を計算する前に、IHキッチンを導入することで暮らしがどう変わるかを考えてみましょう。IHキッチンはオール電化で導入されることが多い仕組みですが、ガスキッチンと比較して多くのメリットがあります。まずIHキッチンの導入で、光熱費の多くが電気代に集約されることが挙げられます。光熱費は生活の中で一定の割合を占める固定費です。その固定費を削減するための節約が、電気代に集約されることで容易になります。単純にガス代と電気代を別々に管理するよりも、電気代だけを管理したほうが手間は省けますよね。節電対策による消費電力量と電気料金の削減が、そのまま光熱費全体の削減になるので、効果が大きくなります。また、IHキッチンは安全面でも優れています。IHキッチンの構造は、炎や熱を対象以外に拡散せず、小さなお子様やお年寄りが誤って火傷やケガをする可能性が低くなるのです。安全面のリスクは節電対策では対応できない部分ですし、これも大きな変化のひとつでしょう。

IHキッチンの電気代は?実際の製品から計算。

IHキッチンの電気代や消費電力量はどの程度なのか、実際の製品から計算してみます。三菱電機から発売されている、消費電力3kWhのIHヒーターが2個、さらに1.6kWhのグリル搭載している製品で計算していきましょう。(1)汁物を作りながらグリルを使用し、おかずを一品作るという使い方で、ヒーター2個とグリルを約20分程度使用すると想定します。20分は1時間の3分の1で0.33、消費電力量は(3×0.33×2)+1.6×0.33=約2.5kWhとなります。電気代にすると約67.5円です。※1日2回このような使い方をして、一か月過ごした場合の電気代は、約4,050円です。この電気代をどう感じるかは人それぞれですが、消費電力1,200W程度の電気ファンヒーターを毎日6時間使用すると、電気代は月6,000円弱になります。IHキッチンは1日2回毎日使用しても、驚くほど高額な電気代にはならないようですね。

IHキッチン以外もお得に?電力自由化後のPPSを活用。

IHキッチンの電気代が気になるのなら、電力自由化後のPPSや大手電力会社が提供する電気料金プランを検討してみてください。IHキッチンの電気代はそれほど高額ではありませんが、いざ節電したいとなれば話は別になります。食生活に直接関わるだけに、節電対策に限界が来ますからね。電力自由化の影響で、PPSと大手電力会社が電気料金プランの改定にしのぎを削っており、オール電化向けの電気料金プランが増えています。例えばこれまでは統一されていた夜間帯の時間が、ライフスタイル別に分かれており、きめ細やかな節電が可能です。2016年4月かの電力自由化後はPPSが付加価値で勝負、大手電力会社は安定性と豊富なプランで勝負という傾向があり、どちらがお得かは家庭の状況によるでしょう。場合によってはIHキッチンの電気代を気にするよりも、他の生活コストが下がるような電気料金プランを選択したほうが、生活が豊かになるかもしれません。節電対策で電気代や消費電力量は削減できても、携帯電話費用やインターネット費用を節約することはできませんよね。電力自由化後のPPSは、こういった電気代以外の節約に役立つサービスを展開しています。PPSによって提供されるサービスの内容は大きく異なるため、できるだけ多くの情報を集めて、生活に役立ててみてください。電力自由化でihキッチンを使い続けても生活コストが下がるような、最適な電気料金プランを選択していきたいですね。※公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会「電気料金目安単価」の『27円/kWh』で計算。平成26年4月28日時点の単価です。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)三菱電機、トップページ>個人のお客様>三菱IHクッキングヒーター>製品情報>Mシリーズ>G21MS20A、三菱電機、-、http://www.mitsubishielectric.co.jp/、2016/2/21引用

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています