電気代・電気料金2016/08/22

オール電化の賃貸はガス併用よりもお得になる?

2275_1

オール電化の賃貸はココが魅力!

オール電化は賃貸物件にもあることをご存知でしょうか?オール電化と聞くと一般住宅のイメージが強いかもしれませんが、賃貸アパートや賃貸マンションでも導入されています。当然オール電化の賃貸ならガスを使わないためガスの基本料金もなくなり、一本化できます。そして、室内の空気がクリーンに保たれ、火災リスクを低減できます。火災は一戸建てでも大変ですが、集合住宅のような賃貸では一度に複数の住戸が焼失する可能性があるため、オール電化のように火災リスクが少ないのは魅力的ですよね。割安な夜間電力の利用で電気代が削減できれば生活費が削減できますし、新電力会社が参入する電力自由化でさらにお得になる可能性もあります。

オール電化の賃貸とガス併用賃貸ではどちらがお得?

賃貸物件では毎月の家賃もあることから、電気代やガス代などの光熱費はできるだけ削減したいですよね。では、オール電化の賃貸ではどれだけ光熱費を削減できるのでしょうか。九州電力の試算によると、電気・ガス併用住宅では電気代が10,206円、ガス代が8,866円で光熱費が19,072円。オール電化住宅では電気代が12,115円と出ています。その差額は約7,000円にもなります(1)。この金額だけを見ると、オール電化の賃貸なら毎月お得な電気料金で暮らせるように思えますが、実は必ずしも言い切れません。オール電化の場合はあらかじめ夜間電力の使用が前提として試算されるケースが多いため、必ずしもオール電化なら電気料金が安くなるわけではなく、夜間電力が適用される時間帯以外に電気を多く使用すると、オール電化の賃貸の方で電気料金が高くなるケースもあると思われます。

オール電化は節電を積極的に!

オール電化の賃貸では日中の消費電力が大きくなれば電気代が跳ね上がるため、積極的な節電がポイントです。オール電化の昼間の電気料金は夜間よりも高いと言われている通り、昼間の電力料金単価が夜間の2倍以上にもなります(2)。オール電化にすると電気代がお得になるような気持ちになりそうですが、実は割高になる可能性があるため、オール電化の賃貸で暮らす前よりも節電に気を配る必要があるでしょう。本来は電力料金単価が安い夜間に集中して家電の使用をしたいところですが、掃除機や洗濯機などは賃貸物件によっては近隣の住戸に迷惑がかかる可能性があるため難しいところですよね。ではどうすれば節電できるのでしょうか。

オール電化はIHクッキングヒーターで節電!

消費電力が大きい家電に対象を絞って節電をしましょう。オール電化家電の中でも消費電力が大きいのがIHクッキングヒーターです。高火力でガスに負けるとも劣らない調理が可能ですが、どうしても消費電力が大きいので電気料金が高くなりがちです。消費電力を小さくするには使用時間を意識して節電効果を高めたいところで、例えばIH対応の土鍋を使用すると保温調理もできるので消費電力が小さくなりやすいですし、IHで煮炊きをする際はタイマー機能を使うと節電できるでしょう。

電力自由化でオール電化はもっとお得になる?

新電力会社が続々と新規参入に名乗りを上げている電力自由化ですが、オール電化の賃貸では電力の契約を個人でしても良いのかを大家さんや管理会社に確認して許可をもらうのが先決です。特にマンションの場合は一括受電契約という建物ごとに契約している場合もあるため、もしも一括受電契約を結んでいる場合は電力自由化が始まっても新電力会社と契約できません。アパートの場合は新電力会社と自由に契約できるところが多くあると考えられますが、まずは新電力会社の電気料金プランをよく確認してシュミレーションしてみましょう。電力自由化では電気代が安くなる期待がありますが、必ずしも他の電力会社や新電力会社に乗り換えたからといって電気料金が安くなるわけではありません。電力自由化で電力各社ではオール電化向けの電気料金プランが発表されているので、単価の違いや夜間電力が使える時間の時間を比較して、自身のライフスタイルに合った電力会社が見つけましょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)オール電化住宅の光熱費試算・試算条件詳細 、九州電力株式会社、 http://www.kyuden.co.jp/library/pdf/rate_application/approval/ninka_p.pdf、2016/02/21引用 (2)「新料金プラン」始めます、九州電力株式会社、 http://www.kyuden.co.jp/menu_new-plan.html、2016/02/21引用 電気代は、公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会「新電力料金目安単価」の27円/kWh(税込)で計算。こちらは平成26年4月28日時点の単価です。

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています