電力会社2016/11/21

新電力の個人向けサービスの内容は?

新電力が個人向け電力市場で増加。

新電力が個人向け電力小売り市場で増加しています。新電力大手のエネット、ガス大手の東京ガス、JXエネルギーの『ENEOSでんき』など、本業となる業界は違うものの、個人向け電力小売り市場に参入する新電力です。これらの新電力企業は、2016年4月からの電力自由化完全実施に伴って電気料金プランを新設し、なおかつ付加価値の高いサービスを提供するなど、意欲的に活動しています。経済産業省資源エネルギー庁の発表によれば、新電力企業は、2015年末時点で実に802社です。(1)2016年以前から法人向けに営業を開始している新電力も含まれているとはいえ、個人向けの電気料金プランは電力自由化前とは比較にならない数になります。さらに電力自由化後は、個人向けを意識した便利でお得なサービスが増えます。単に安い電気料金プランが現れるということではなく、節電や電気代以外にメリットがあるサービスが続出しているのです。電力自由化前は、節電対策による消費電力量の削減や電気料金プランの選択は電気代が安くなる以外にメリットが少ない傾向にありましたが、電力自由化後は、個人の生活全般にかかわるサービスが増えていきます。では、具体的にどういった個人向けサービスが存在するのか、具体例を見ていきましょう。

新電力『ENEOSでんき』の個人向けサービス。

新電力の個人向けサービスを活用することで、電気代以外の生活コストを減らすことができます。JXエネルギー株式会社が提供する新電力『ENEOSでんき』を例にすると、ENEOSでんきの電気料金プランを契約し、個人家庭の電気代をENEOSカードで支払うことで、ガソリン、軽油、灯油がリッターあたり1円の割引を受けられます。(2)電気代や節電よりも、ガソリン代や冬場の燃料費が気になるかたにはおすすめですね。『節電対策でも生活コストが減らない』というケースに適した個人向けサービスのひとつです。

新電力『ソフトバンクでんき』の個人向けサービス。

新電力の個人向けサービスの特徴のひとつに、『電気料金プランとサービスのセット割引』があります。個人向け電力市場に参入する新電力は、電力事業以外の本業をもつケースが多いです。そのため、自社の電気料金と本業のサービスを組み合わせて提案し、セット契約の場合には割引を発生させることで、個人向けサービスに付加価値をつけています。携帯電話キャリアを母体とした新電力のひとつ、『ソフトバンクでんき』が提供する『おうち割』は、ソフトバンクでんきの電気料金プランと、インターネット回線契約、スマートフォン契約のセットで割引が適用されます。その金額は2年間で最大7,200円。(3)実際に割り引かれるのはスマートフォンの代金ですが、電気代として考えると無視できない金額なのではないでしょうか。もちろん節電対策や消費電力量の削減でこれ以上の効果をあげることは可能ですが、節電の手間をとるか、ほかのコスト削減をとるかという選択になりますね。

節電や消費電力量から離れた視点が必要?

新電力の個人向けサービスは、節電対策や消費電力量の削減といった従来型のサービスとは異なり、付加価値をより高める方向に進んでいます。消費電力量の削減は電力自由化後も重要な課題であることには変わりありません。しかし新電力のサービスと自分の生活を比較したとき、何が生活を豊かにするかをじっくり考えることをおすすめします。消費電力量が減ることよりも嬉しいサービスが見つかるかもしれません。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらの記事は以下を参照しています。 (1)経済産業省資源エネルギー庁、資源エネルギー庁TOP>政策について>電力・ガス>電気料金及び電気事業制度について>電気事業制度の概要>特定規模電気事業者一覧、経済産業省資源エネルギー庁、2015/12/25更新、詳細はこちら、2016/2/11引用 (2)JXエネルギー株式会社、ENEOSでんき、JXエネルギー、-、詳細はこちら (3)SoftBank、ホーム>エネルギー>おうち割>おうち割でんきセット、SoftBank、-、http://www.softbank.jp/energy/ouchiwari/denki/、2016/2/11引用

「電力会社」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています