電気代・電気料金2016/07/12

エコキュートの追い焚きは電気代が高い?安い?

1703_1

エコキュートの追い焚きは電気代が高い?

エコキュートの追い焚きは電気代が高くなると言われています。これにはどのような理由があるのでしょうか。

エコキュートの仕組みはエアコン同様のヒートポンプ技術で、外気の熱を貯水タンクに取り込んで水をお湯に変える省エネ技術です。電気を熱に変えるには電気代が高くなりますが、エコキュートは安価な深夜電力を使用して夜間にお湯を作って貯めておきます。それを日中から夜間にかけて使用するため経済的だと言われていますが、ここに落とし穴があります。

深夜電力で貯めたお湯が日中に足りなくなった場合はお湯を作るのに追い焚き機能が作動します。また、寒冷地では日中でもタンク内のお湯が冷めてしまい、追い焚き機能が作動する場合があります。

このように、エコキュートの追い焚き機能は電気代を押し上げる要因があるため、エコキュートの設置前に節電と節約方法を確認しておきましょう。

エコキュートの消費電力は?

ここではエコキュートの電気代を把握するために、エコキュートの消費電力を見ていきましょう。三菱のエコキュート『SRT-P46UB』を例に見ていきましょう。

このモデルはタンク容量460Lで4~5人用です。核家族化が進む中ですが、お湯は何かと使うものですから大き目のタンクだと安心です。消費電力は冬季以外で1.30kW、冬期間は2.0kWです。家電の中でこれだけの消費電力を使用するものは中々ないでしょう。消費電力がこれだけ大きければ電気代も高そうですよね。(1)

エコキュートの電気代はいくらになる?

ここではエコキュートの電気代を考えます。エコキュートは夜間電力を使ってお得な電気代で使用できると前述しましたが、数字で見なければ分からない部分が多いものですよね。そこで、東京電力のエコキュート向けの電気料金プラン『おトクなナイト8』(夜間単価12.16円、2016年1月27日現在)で見ていきましょう。

電気代は消費電力(kW)と使用時間(h)、電気料金単価(円/kWh)を掛け合わせると算出できます。ここでは、1日あたり5時間、夜間電力で運転した場合で計算します。冬季以外…1.3×5×12.16=約79.04円冬期間…2.0×5×12.6=約121.6円1日あたりの電気代はこのようになります。1ヶ月の概算電気代は冬季以外で約2,371.2円、冬期間は約3,648円です。(2)

この電気代でガス給湯器に掛かるガス代が必要なくなると思えば、とてもお得だと言えそうですね。しかし、この電気代はあくまでも目安です。夜間電力だけの使用で昼間電力は考慮していないため、これよりも電気代が高くなるリスクは十分にあります。では、エコキュートをお得に使うには何ができるでしょうか?

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています