電力会社2016/07/12

負荷率って何の比率を表しているの?

新電力が負荷率が低い人をターゲットにしたい理由は何か

新電力が負荷率の低い人をターゲットにする理由は、ズバリそれまでの電力会社よりも電気代が安くなる可能性が大きいからです。

一般電力事業者と呼ばれる従来の電力会社10社の場合、電気料金は最も使用量の大きいピーク時を基準に設定されています。それに対して新電力の多くは電力使用量の少ないときを基準に電気料金を設定します

そのため、1日を通して同じように電力を使っている家庭や、年間通じて増減の少ない家庭に比べて、使用量の増減の多い家庭は従来の電気料金の決め方では電気代を割高に感じます。

元々の電気代に割高感が大きい方が新電力が提示する料金と比較した際のメリットが大きく感じられるため、他の条件で迷う部分があったとしても新電力に魅力を感じる確率が高い負荷率が低い人をターゲットにしたいのです。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照しています。 (1)電気事業連合会/FEPCINFOBASE(a-13を参照)(2016年1月10日引用) http://www.fepc.or.jp/ (2)経済産業省/資源エネルギー庁TOP>資源エネルギー庁について>よくある質問とその答え>電力・ガス関係(Q電力負荷平準化対策について教えて下さいに対する回答を参照)(2016年1月10日引用) http://www.enecho.meti.go.jp/about/faq/008/ (3)イーレックス株式会社/供給をご希望のお客様>電力会社の請求書を使った簡易検討方法とは?(2016年1月10日引用) https://www.erex.co.jp/service/marketing/all.html

「電力会社」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています