電力自由化2016/10/11

【5分でわかる!】kVa,KW,アンペアの違いを徹底解説!

kvaの計算はどうやってすればいいの?

kvaは、単位から見てわかるようにボルトとアンペアをかけたもので、前に付いているkは1000を表すキロのkです。

一方、Wはボルトとアンペアをかけてそれに力率をかけたもの、つまり、kW=kva×力率で計算できるということになります。これをkvaを出す計算式に書き換えるとkva=kW÷力率で表すことができます(1)。

ちなみに力率は有効電力量を有効電力量の2乗と無効電力量の2乗を足したものの平方根で割ったもので、%で表すときには100をかけて求めます(2)。しかし、上の式を元にすれば、そのような難しい計算をしなくても、kWをkvaで割っても求められることがわかります。

「電力自由化」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています