電気代・電気料金2016/10/07

オール電化の電気代は賃貸やアパートだとどうなるの?

1612_1

オール電化の電気代はアパートだと安くなるのでしょうか?オール電化のデメリットには、初期費用の高さがあります。電気代を安くするためにオール電化を設置しようと考えても資金が必要になるため、簡単には手が出さないという人も多いかもしれません。

最近では、オール電化のアパートなどの物件が多く見られるようになりましたが、もし電気代を意識するならオール電化のアパートに引っ越すのも良さそうです。

また、電力自由化が始まり、PPSの電気料金を契約できるようになります。今までの電気料金よりも低くなる可能性があるため、電気代は安くなることも考えられます。なおかつ、オール電化のアパートに住むことができれば、消費電力の節電にも繋がるため、電気代はさらに安くなることでしょう。今回は、オール電化について紹介していきます。

オール電化のメリットとは何?

オール電化のアパートに住もうと考えているのであれば、メリットを知ると良いでしょう。オール電化はガスなどを使用しないため、光熱費は電気代のみとになるので経済的です。

また、ガスの使用はないため、アパートでのガス漏れなどや火事などの心配はほとんどなくなります。さらに、オール電化は環境にも良いとされており、アパートの周辺環境にも良い影響を与えることでしょう。

ガス併用アパートとオール電化アパートで比べてみよう!

オール電化のアパートに住むことを考えているのであれば、電気代がどれだけお得になるのかを知ると気持ちが高まるでしょう。

1番分かりやすいのが電気代の比較です。ガス併用アパートの年間光熱費とオール電化アパートの年間電気代を比較すると、オール電化アパートは80,000円以上のの削減が可能になったことが分かっています(1)。このことから、オール電化は電気代に優しいことがうかがえます

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています