電気代・電気料金2016/07/12

暖房の適正温度はいったい何℃?

暖房の適正温度は何℃だと思いますか?寒がりな人と暑がりな人では暖房の適正温度は違うかもしれませんが、あまり温度を上げ過ぎると光熱費がかかるということは多くの人が気にしていることでしょう。電力自由化がスタートすると、PPSやこれまでの電力会社も新しい電気料金を設定してくる可能性があります(1)。ですから、電力自由化後はPPSも含め多くの電気料金メニューの中からそれぞれの家庭に適したものを選ぶことになるでしょう。そうなると気になるのが暖房の消費電力です。適正温度に設定しないと電気代が余分にかかりますから、暖房の適正温度について調べておきましょう。

環境省推奨の適正温度は20℃!

暖房の適正温度として、環境省では20℃を推奨しています。ただし、暖房器具のうちエアコンの設定温度として20℃を推奨しており、暖房時の室内の適正温度は20℃以下としています(2)。20℃を適正温度としているのは環境省だけでなく、経済産業省も同様です。例えば家庭の省エネ徹底ガイドでは、エアコンの設定温度だけでなく、ガス・石油ファンヒーターで暖房する際も室温は20℃を適正温度として記載しています(3)。また、エアコンの取扱説明書に記載されている標準的な使用条件を見てみても、暖房の室内温度は20℃となっています(4)。このことから、暖房器具の消費電力を考えた際の適正温度が20℃であると考えられます。

石油ファンヒーターは設定が22℃?

一方、石油ファンヒーターの初期設定温度は取扱い説明書を見てみると22℃です。そのため、これまで石油ファンヒーターの業界では暖房の適正温度を22℃と考えていたようです(5)。しかし、各社が石油ファンヒーターに20℃以下で運転するエコモードを搭載するようになっていることから、暖房の適正温度を20℃に下げたとも受け取れます(6)。このことからも、暖房の適正温度は20℃と考えて間違いなさそうです。

体感温度が高ければ快適に過ごせる!

暖房の適正温度は20℃のようですが、20℃では少し肌寒いと感じる人もいるかもしれません。しかも、設定温度を20℃にすると、暖房器具のセンサー近くが暖まった時点で運転が止まり、室温が適正温度にまで上がらず寒い思いをする可能性もあります。消費電力を抑えて節電しながら暖かく過ごすためには、体感温度を上げる必要があるでしょう。例えば、同じ室温でも湿度が高くなると身体は暖かく感じることがダイキンのホームページに掲載されているサーモグラフィーの画像からもわかります(7)。また、経済産業省資源エネルギー庁のホームページには、カーディガンを羽織ることで2.2℃、ひざ掛けをすることで2.5℃体感温度を上げられるという記載があります(8)。加湿しながら厚着をすれば、適正温度まで暖房の温度を下げることができ、電気代を節約しながら暖かく過ごせることがわかります。

電力自由化後はPPSの電気料金も考慮して節電を!

電力自由化がスタートした後はPPSの電気料金も視野に入れ、電気代の節約や節電に取り組むのがおすすめです。暖房を適正温度に抑えることで消費電力を減らし、十分に節電を心がけるようにすれば、家庭の電気の使い方に合った、電気代が安くなる料金プランを選びやすくなるでしょう。

プラン変更だけで電気代を30,000円節約できる!?

7492_004

電気料金プランの変更は、我慢することなく節約ができる大変メリットの大きい節約方法です。
ご家庭の状況によっては2年間で30,000円以上も節約することも可能、早めに変更すればするほどメリットは大きくなります。

どんなプランを選んでいいかわからないという方はぜひ一度、Enejoy'sの電気料金シミュレーションをご利用ください!
わずか30秒、簡単なタップ操作だけであなたにぴったりの電気料金プランがで見つかります!

(参照元) こちらは以下を参照している。 (1) 九州電力/ホーム> プレスリリース> 2015年(平成27年)> 平成28年4月に向けた新しい料金メニューの設定について http://www.kyuden.co.jp/press_h150915-1.html (2) 環境省/家庭でできる節電アクション>家庭でできる節電、7つのポイント(3)エアコンで節電! https://funtoshare.env.go.jp/setsuden/home/saving03.html (3) 経済産業省資源エネルギー庁/家庭の省エネ徹底ガイド(6、7ページ参照) http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/katei_tettei.pdf (4) Panasonic取扱説明書ルームエアコン(家庭用)室内ユニットCS-F560C2/室外ユニットCU-F560C2、室内ユニットCS-F560C2Z/CU-F560C2Z(22ページ参照) http://dl-ctlg.panasonic.com/jp/manual/cs/cs_f560c2_01.pdf (5) コロナ石油ファンヒーター(強制通気型開放式石油ストーブ)取扱説明書FH-M2511Y(14ページ参照) https://www.corona.co.jp/ (6) CORONA トップページ>製品情報>暖房機器>石油ファンヒーター・石油ストーブ>石油ファンヒーター>冬の暮らしの4つの約束 https://www.corona.co.jp/ (7) ダイキン工業/壁掛形エアコントップ > 無給水加湿 http://www.daikin.co.jp/ (8) 経済産業省/資源エネルギー庁TOP> 政策について> 省エネルギー・新エネルギー> 省エネルギーについて>一般向け省エネ情報>上手な省エネの方法>エアコンガス・石油ファンヒーター電気カーペット電気こたつ 詳細はこちら

「電気代・電気料金」の人気の記事

この記事を見た方はこちらも見ています