MCリテールエナジー

電力会社のHPを見る

電力会社のサイトが別ウィンドウで開きます

ローソンの電気料金の特徴は、何といっても充実したポイント制度でしょう。ローソンは大手商社の三菱商事と提携して、『まちエネ』を展開しています。それぞれの業界で最大手の部類に入る企業が立ち上げたPPSということで、抜群の安定感と信用度が売りです。また、Pontaポイントを割引率に換算したときの実際の電気代も魅力で、戸建て5人暮らしの場合、年間で14,900円の電気代削減が見込めるとしています。

  • 供給エリア
    関東

MCリテールエナジーのオススメポイント

  • ポイント

    point1ローソンが展開するPontaポイントがお得!

    ローソンでは『まちエネ』の電気料金プランを契約した場合、全国のローソンや商業施設で利用できる『Pontaポイント』を付与することで、ポイント分が実質割引になるというサービスを提供しています。通常は電気代1000円に対して10ポイントが付与されますが、ポイント付与率は電気代に応じて変化し、基本料金、第一段階料金、第二段階料金までは約1%、第三段階料金からは約10%相当のポイントとなります。
  • セット

    point2ローソンはセット割を提供しているか?

    まちエネの電気代の支払いにはJMBローソンPontaカードVISAを使用することをおすすめします。また、今後はローソンが取り扱っている商品に関してのお得なクーポンが毎月発行されることもあり、実質的なセット割になる可能性が高いようですね。
  • 電気料金プラン紹介

    point3ローソンの電気料金プランの特長は?

    大手ポイントのひとつ『Pontaポイント』は非常に使い勝手の良いポイントですので、電気代の大小にかかわらずローソンの電気料金プランを契約するメリットがあります。

MCリテールエナジーのプラン一覧  全 1 1~1件

  • きほんプラン

    ご家庭で選ぶならこれ!アンペア毎に基本料金が設定されている、まさにきほんのプランです。

    MCリテールエナジーが提供するきほんプランは、10~60Aで基本料金が設定されているベーシックな電気料金プランです。 電力量料金の単価も第3段階まで分かれていて、時間帯や季節での変動はありません。 極端に電気料金が上がる心配もなく、きほんプランというその名称通り、多くのご家庭で利用しやすいのがポイントです!

企業情報

MCリテールエナジー
MCリテールエナジー(まちエネ)

本社:東京都港区芝大門1-1-32

資本金:2.5億円

高圧電力供給実績:電力自由化がスタートした2000年に、 新電力第1号となる会社を設立し15年以上にわたり、 オフィスビルや工場向けに電気を供給してきた実績があります。

会社概要

ローソンと三菱商事から提供される『まちエネ』ですが、実際に電気料金プランを提供するPPSは『MCリテールエナジー株式会社』になります。「あんしん」「うれしい」「わかりやすい」をスローガンとした電力サービスの提供を目指しており、資本金は2.5億円、三菱商事が84%、ローソンが16%を出資し、電力自由化直前の2015年11月20日に設立されました。(2)電力自由化後のPPSとして活動することを目的とされ、設立間もない企業ではあるものの、母体がローソンと三菱商事ということで安定感や信用面は十分と言えそうです。また、株主のひとつである三菱商事は2000年からPPS第一号となる『ダイヤモンドパワー株式会社』を展開しており、すでに電力事業に関するノウハウは十分。ローソンの販売力と三菱商事のノウハウを持ち合わせた、電力自由化後注目のPPSのひとつになるでしょう。

電気料金シミュレーション