日本瓦斯

日本瓦斯のオススメポイント

  • ポイント

    point1日本ガスの電気料金プランにポイント提携はあるの?

    日本ガスでは、電力自由化後の東京電力の電気料金プランと同様に、TポイントやPontaポイントとの提携を行っています。電気代1000円につき5ポイントを貯めることができ、交換先はTポイントかPontaポイントから選択することが可能です。
  • セット

    point2日本ガスのセット割は?

    日本ガスでは、2016年から東京電力の電気料金プランとのセット割を計画しています。2016年4月時点では具体的なセット割の内容は公開されていませんが、すでにセット割に関する業務提携契約は完了しています。日本ガスも東京電力との業務提携で、電気代とガス代のセット割引を適用させることで、顧客の囲い込みを狙うようです。
  • サービス

    point3日本ガスの電力自由化後のサービスの特徴は?

    日本ガスは、ガス事業者として『トータルエネルギーサービス』を提供すると宣言しています。日本ガスでは、これら高圧向けで培ったノウハウをいかし、一般家庭向けにエネルギー診断サービスの受付も開始しています。電力自由化後はPPSが増えることにより電気料金プランも倍増していますので、日本ガスのエネルギー診断で自分のライフスタイルを見直してみると、今後の電気代節約に役立ちそうですね。

日本瓦斯のプラン一覧  全 2 1~2件

  • ファミリープランB

    30Aから契約可能。電気を使うほど得をする大家族向けプランです。

    日本瓦斯 ファミリープランBは、30A~60Aで契約が可能な一般家庭向け電気料金プラン。九州電力の従量電灯Bと比べ、基本料金および300kWh超過の電力量料金が安く設定されているため、大家族など、電気をたくさん使うご家庭に最適です。また、ファミリープランBとの併用がおすすめなのが、『ガス・電気セット割』。日本瓦斯が提供するガスを契約することで、月々の電気料金が最大3%OFFになります。

  • ビジネスプランC

    電気機器を多くお持ちで、電気をたくさん使用するご家庭や、飲食店、商店等を対象にしたプランです。

    日本瓦斯が提供するビジネスプランCは、鹿児島エリアの方が対象となる電気料金プランです。6kVA以上50kVA未満での契約となり、電気を多く使う一般家庭の方や、事務所や飲食店、商店など一定の電気量を使用する施設等で、電気料金もおトクになるのがビジネスプランCです。電力量料金についても、第3段階の300kWhを超えても1kWhあたり23.75円と比較的リーズナブルなのも特徴です。

会社概要

日本ガスは昭和30年7月29日に設立され、資本金は70億7,000万円、従業員数は1503名という大企業です。さらに2011年からは米国テキサス州にも支社を設立して、電力の小売り事業に乗り出しています。その後は順調に事業を拡大し、2013年には米国北東部7州で電気と都市ガスの販売を開始、2014年には米国での供給戸数が15万戸に達しているようです。このように国内外でエネルギー供給事業者として活躍する日本ガスの経営理念は『地域社会に対する貢献』『企業の持続的成長を目指す』『人的資源の尊重』という3点。今後は国内のPPSとしての側面も大きくなるため、さらなる躍進が期待されます。

電気料金シミュレーション