サイサン

電力会社のHPを見る

電力会社のサイトが別ウィンドウで開きます

サイサンはガス事業者としてLPガスを供給していきましたが、2016年4月からの電力自由化でPPSとしても活動を開始します。サイサンがPPSとして提供するブランド、『エネワンでんき』は、地域電力会社よりも安価な電気代が魅力です。エネワンBプランが地域電力会社の従量電灯Bに相当し、エネワンCプランが従量電灯C契約と比較できるでしょう。

  • 供給エリア
    東北, 関東, 中部, 九州

サイサンのオススメポイント

  • セット

    point1サイサンはセット割を提供するのか?

    サイサンでは2016年4月現在、主力のLPガスと電気料金プランのセット割引は発表していません。しかし電力自由化でPPSとなるガス事業者の多くが、電気代とガス代のセット割を適用しており、サイサンでも今後これにならった形で電気料金プランの割引を発表する可能性があります。
  • サービス

    point2サイサンのガス自由化の動き

    LPガス事業者としては大手のサイサンがPPSとして電力自由化に参入した背景には、2017年に予定されているガス自由化が存在していると考えられます。北海道、東北、東京、中部、九州電力の管轄地域でエネワンでんきの電気料金プランを提案しており、これらの地域にお住まいであればサイサンのLPガスと電気料金プランのセット割で電気代が安くなることも考えられます。
  • 電気料金プラン紹介

    point3サイサンの電気料金プランの特徴は?

    サイサンでは電力自由化に先駆けてすでに太陽光発電システムの提案事業も開始しており、電力事業に関するノウハウを保持していると考えられます。

サイサンのプラン一覧  全 8 1~8件

  • エネワンBプラン(東北)

    LPガスやウォーターサーバーなどとセット割でおトク!ベーシックなプランです。

    サイサンのエネワンBプラン(東北)は、30A~60Aを対象にした電気料金プランです。エネワンBプラン(東北)への加入条件は特にありません。また、LPガスやウォーターサーバーなどサイサンが提供するサービスをご利用の方やこれから加入される方は、電気料金プランと一緒に申し込むとお得になるセット割が適用されます。

  • エネワンBプラン(東京)

    東京電力エリアの一般家庭向け。301kWh以上の電力使用で電気代がお得になるプランです。

    サイサン エネワンBプラン(東京)は、300kWhまでの従量電灯は東京電力と同額、301kWh以上は1kWhあたり3.60円安く電気料金が設定されているプランで、大家族など電気をたくさん使うご家庭はエネワンBプラン(東京)に乗り換えることで格段に電気料金がお安くなります。また、電気やガスの個人契約者向けに、利用料金200円につきPontaポイント1ポイントを付与するお得なサービスも準備中です。

  • エネワンBプラン(中部)

    契約アンペアごとに基本料金が異なるベーシックプラン!一般のご家庭でご利用しやすい内容です。

    サイサンが提供するエネワンBプラン(中部)は、契約アンペア30~60までで基本料金が異なるプラン。一般家庭で多く契約されており、選びやすさがあります。従量料金も三段階設定のベーシックな構成で、ライフスタイルと電気料金を比較して選択できます。また、エネワンBプラン(中部)は40Aでも、中部電力と比較して最低年間7,000円以上も電気料金が削減できるのもポイント!

  • エネワンBプラン(九州)

    30Aから契約可能。日中在宅しているご家庭はお得に利用できます。

    サイサンのエネワンBプラン(九州)は、九州電力の従量電灯Bに相当する電気料金プラン。30Aからご契約が可能で、九州電力に比べ、基本料金と120kWh超過分の電気量単価が安く設定されています。季節や時間帯による電気料金の変動はないので、日中家事を行うなど一日を通して電気を使用するご家庭は、エネワンBプラン(九州)に切り替えることで今までより電気料金がお得になります。

  • エネワンCプラン(東北)

    基本料金や従量料金が大手よりも安い!低価格プランが最大の特徴!

    サイサンのエネワンCプラン(東北)は、とかく低価格プランが特徴の電気料金プラン。エネワンCプラン(東北)は東北電力管内の方が対象となりますが、比較すると基本料金の差が大きいです。1kVAあたりで基本料金が設定されているので、商店や事務所、ご家族が多く、電気を多く使用する方にぴったりです。また、LPガスやウォーターサーバー等のセット利用で割引が適応され、年間大幅な電気料金の削減に繋がります。

  • エネワンCプラン(東京)

    1kVAの基本料金は一律で、電力量料金単価が第1~3段階で異なるプランです!

    サイサンが提供するエネワンCプラン(東京)は、東京電力エリアにお住まいの方が契約できる電気料金プラン。基本料金は1kVA270円と一律となっています。 第1段階から第3段階まで設定されている電力量料金に沿って、月々の電気料金が構成される仕組みです。また、エネワンCプラン(東京)と併せてLPガスとの契約も行えるので、一つの企業ですべてまとめたい方にはおすすめです。

  • エネワンCプラン(中部)

    低価格設定が特徴!ガスやサーバーとセットで利用することでもっとお得になります。

    サイサンのエネワンCプラン(中部)は、中部電力管内を対象に供給している電気料金プランです。中部電力の従量電灯Cに相当しており、低価格な価格設定が特徴。エネワンCプラン(中部)の従量料金は、電気を使うほど電気料金が割安になっているため、電気をたくさん使っている方にオススメ。更に、LPガスやウォーターサーバーなどのサイサンのサービスと併用することで、お得な割引が適用されます。

  • エネワンCプラン(九州)

    低価格な料金設定が魅力!他のサービスとのセット割でさらにお得に!

    サイサンのエネワンCプラン(九州)は九州電力エリアを対象にした電気料金プラン。九州電力の従量電灯Cに相当しており、低価格を実現しています。店舗や大型住宅など電気をたくさん使うご家庭におすすめのプランです。基本料金がエネワンCプラン(九州)の場合九州電力と比較して1kVAあたり10.80円もお得になっています。またLPガスやウォーターサーバーなどとセットで申し込むと電気料金が更にお得になります。

企業情報

サイサン
サイサン(エネワンでんき)

本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-11-5

資本金:9540万円

会社概要

サイサンがPPSとして名乗りをあげていますが、その企業概要を見ていきましょう。サイサンは1945年に創業された埼玉県さいたま市を本拠地とする企業です。会社設立は1954年9月20日、従業員数は1,111名、資本金は9,450万円、2015年8月時点の売上高は589億5,421万円と、事業規模の大きさがうかがえます。また埼玉、東京、栃木、茨城、長野、群馬、静岡、新潟、愛知、山形にも支店をもち、東日本を中心に全国規模でLPガスに関する事業を展開。その経営理念として『グローバルな視野で未来に向かい、創造的で豊かな明るい人間環境づくりに努め、人類の進歩発展に貢献する』という内容を掲げています。LPガス事業者としてすでに十分な実績と規模、豊富な販路をもつサイサンが、今後電力事業者としてどう活躍していくのか注目したいところです。

電気料金シミュレーション