東燃ゼネラル

東燃ゼネラルのオススメポイント

  • ポイント

    point1東燃ゼネラルのポイント提携先は?

    東燃ゼネラルのmyでんきからは、具体的なポイント提携の計画は発表されていません。しかしポイント提携は電力自由化後の新電力が採用するサービスのトレンドでもありますから、今後は東燃ゼネラルの電気料金プランの動きに注目したいところですね。
  • セット

    point2東燃ゼネラルはセット割を提供するの?

    東燃ゼネラルのmyでんきでは、2016年4月現在において特定のサービスと併用したセット割は存在しないようです。電力自由化後の新電力各社がセット割を提供する中、安定した品質と電気代自体の安さで勝負する電気料金プランに重点を置いています。こちらもポイント提携と同様、今後に注目していきましょう。
  • サービス

    point3東燃ゼネラルのmyでんきの特徴は?

    東燃ゼネラルのmyでんきは、『今までよりお得な料金』、『今と変わらない安心』、『初期費用無料で簡単な契約』を売りにしており、電気代の割安感に加えて信頼と安心をアピールしています。また、東京電力の従量電灯B,Cよりも確実に安くなる『標準プラン月額』や、消費電力量あたりの電気代を割り引いた『たっぷりプラン月額』、毎月一定の消費電力量まで電気代が変わらずにお得な『まとめてプラン月額』などの電気料金プランがあります。

東燃ゼネラルのプラン一覧  全 10 1~10件

  • 従量電灯B 標準プラン月額(定率割)(東京)

    東京電力エリアの一般家庭が対象。たくさん使うほど今までよりお得です。

    東燃ゼネラル 従量電灯B 標準プラン月額(定率割)(東京)は、東京電力エリアのご家庭向けの電気料金プランで、契約Aに従って基本料金・従量電灯の料金が設定されています。時間帯による料金の変動はなく、多くの場合で今までの東京電力の契約と比べ安くなるよう設定されています。従量電灯B 標準プラン月額(定率割)(東京)では、専用の『myページ』で、毎月の使用量や電気料金の照会、各種変更手続きなどが行えます。

  • 従量電灯B たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)

    家族が多い家庭や電化製品をたくさん使用する家庭におすすめ!使うほどお得になるプランです。

    東燃ゼネラルの従量電灯B たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)は、電気をたくさん使う家庭におすすめの電気料金メニュー。契約容量は30A~60Aの中から選ぶことができます。従量電灯B たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)の特徴は、月の使用量が300kWh以上だと電気料金が割安になるということ。標準プランよりも更にお得になるので、毎月300kWhを超えている方に向いています。

  • 従量電灯B まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)

    月に300kWh以上電気を使うご家庭に最適!使用量を調整して、定額料金でお得。制限を超過してもお得。

    従量電灯B まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)は、一定のワット数までの使用料金を定額に、超過分は従量電灯に切り替わるプラン。定額プランは300kWhまで・400kWhまで・500kWhまでの三種類から選べ、どれを選んでも今までの東京電力の契約より電気料金がお得に。従量電灯B まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)の電気料金は、東燃ゼネラルHP内の『myページ』から使用明細を確認できます。

  • 従量電灯C 標準プラン月額(定率割)(東京)

    企業や小売店など、電力使用が多い方向け。今まで通りに過ごすだけで、電気代に大きな差が生まれます!

    東燃ゼネラルの従量電灯C 標準プラン月額(定率割)(東京)は、小売店や事業所など一般家庭より電力使用量の多い方を対象にした電気料金プランで、6kVA~50kVAで契約が可能です。時間帯による料金の変動はなく、東京電力の従量電灯Cに比べて、基本料金・従量電灯の両方が安く設定されています。従量電灯C 標準プラン月額(定率割)(東京)の使用量や電気料金の明細は、、専用の『myページ』から確認できます。

  • 従量電灯C たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)

    6kVA以上50kVA未満で契約できるからその名の通りたっぷり使えるプラン。それでも電気料金はお得!

    東燃ゼネラルが提案する従量電灯C たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)は、東京電力エリアにお住まいで、従量電灯BかCにご契約していた方が利用できる電気料金プランです。 従量電灯C たっぷりプラン月額(kWh割プラン)(東京)は、使用電気量により電力量料金が異なり、300kWh超過~600kWhまでの単価が24円62銭と、電気を使うほどに電気料金が安くなる設定がポイントです。

  • 従量電灯C まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)

    小売店や事務所など、電気を多く使う方におすすめ!一定量まで定額に設定できるのでとてもお得です。

    東燃ゼネラルの従量電灯C まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)は、東京電力の従量電灯Bに相当する電気料金プラン。電力量料金が300kWh、400kWh、500kWhと、一定量まで定額に設定できるのが特徴。従量電灯C まとめてプラン月額(定量プラン)(東京)は、電気を多く使う方だと電気料金が割安になる見込みがあります。

  • 従量電灯A 標準プラン月額(関西)

    24時間同一の料金設定で安心!一般家庭におすすめの標準的なプランです。

    東燃ゼネラルの従量電灯A 標準プラン月額(関西)は、関西電力の従量電灯Aに相当する電気料金プランです。基本料金がなく、電力量料金は最初の15kWhまで定額なのが特徴。300kWh以上は関電より割安の設定になっているため、電気を多く使用している方におすすめです。従量電灯A 標準プラン月額(関西)は、季節や時間帯によって変動しない24時間同一の電気料金設定です。

  • 従量電灯B 標準プラン月額(関西)

    電気を多く使う方におすすめの標準的なプラン!割安の設定なのでお得に利用できます。

    東燃ゼネラルの従量電灯B 標準プラン月額(関西)は、小売店や事務所、クリニックなど電気をたくさん使用する方におすすめの電気料金プラン。また、従量電灯B 標準プラン月額(関西)は、関西電力の従量電灯Bに相当しています。契約容量が6kVA以上50kVA未満の方が対象になり、電力量料金は関西電力と比べ割安の設定のため、電気料金がお得になる見込みがあります。

  • 従量電灯B 標準プラン月額(中部)

    時間帯による区分がないので、いつでも使いたい方にオススメです!

    東燃ゼネラルの従量電灯B 標準プラン月額(中部)は、契約容量40A~60Aを対象にした一般的な電気料金プランです。時間帯によって電気料金が変わることがないので、いつでも使いたい方におすすめです。従量電灯B 標準プラン月額(中部)に加入すると、東燃ゼネラルのWebページから電気料金や電気使用量を確認することができます。

  • 従量電灯C 標準プラン月額(中部)

    月々の使用電力が多いご家庭や低圧事業所が対象。たくさん使うほど今までより電気代がお得に!

    東燃ゼネラルの従量電灯C 標準プラン月額(中部)は、6kVA以上50kVA未満の低圧事業所や、電気をたくさん使うご家庭向けの電気料金プランです。中部電力に比べ、300kWh超過分の電気量単価が安く設定されています。従量電灯C 標準プラン月額(中部)の月々の電気料金は東燃ゼネラルHPの『myページ』で参照可能。スマートメーターを通じて30分ごとの電力使用量を確認できるので、節電対策に役立ちます。

会社概要

東燃ゼネラルは、1893年(明治26年)創業で、エッソ石油、東燃、ゼネラル石油、モービル石油の4社が中心となって、日本国内の資本を主力として立ち上げられた企業グループです。連結売上高は2兆6,279億円、従業員数は3383人という一大エネルギー企業として、国内外に名を馳せています。自社発電や電気の買い取りを複合的に活用して、今までよりもお得な電気代で、安定した品質のよい電気を提供できることが強みです。2016年の電力自由化後は『myでんき』ブランドを設立し、新電力として低圧向け電力事業に本格的に参入を開始。北海道から九州、沖縄までを全国的にカバーした営業拠点を有し、海外にも5つの支所を展開しているグローバル企業です。電力自由化後の新電力の中でも、規模や歴史、電力事業に対するノウハウはトップクラスですね。

電気料金シミュレーション