SoftBank

事業開始日:2016年4月1日

電力会社のHPを見る

電力会社のサイトが別ウィンドウで開きます

ソフトバンクの電気料金プランは4種類。電力自由化で電気料金の見直しをする際にも電気代が安くなるのがどの電気料金プランかわかりやすい消費電力別です。プランは「スタンダードプラン」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の3種類の電気料金メニューがあり、それとは別に電気代は少し高めでも再生可能エネルギーの割合が多い「FITでんきプラン」という異色の電気料金プランがラインナップに加わっています。

  • 主なサービス
    国内通信事業(移動通信、固定通信、インターネット)、スプリント事業、ヤフー事業、流通事業
  • 供給エリア
    関東, 北海道

SoftBankのオススメポイント

  • ポイント

    point1ソフトバンクが提携しているポイントサービスは?

    ソフトバンクは電力自由化で新電力として参入するのを機にTポイントと提携をしています。電気代1,000円ごとに5ポイント付くため、電気代が高めの家庭でもメリットがあります。Tポイントの管理が「東京電力のくらしTEPCO」マイページというのが特徴的です。
  • セット

    point2ソフトバンクのセット割とは?

    ソフトバンクのセット割は「おうち割」という名称のサービスです。ソフトバンク本来のスマホや携帯、インターネットの料金と電気代をセットにすることで家族全員のスマホ代や携帯代が値引きの対象になる点に特徴があります。電力自由化以前からスマホや携帯電話とインターネットのセット割としてあった『おうち割』に新電力としての『でんきセット』をプラスした形で、通信費も電気代も併せて得するプランです。
  • サービス

    point3ソフトバンクのプランや付加サービスの概要や特徴は?

    新電力のソフトバンクには付加サービスとして「おうちレスキュー」というサービスがあります。「おうち割」に申し込んだユーザーを対象としたサービスですが、水回りやカギ、ガラスなどのトラブルに対して、2年間は出張料や作業料無料で駆けつけて応急処置をしてくれるサービスです。

SoftBankのプラン一覧  全 11 1~10件

  • スタンダードS(東京)

    一人暮らしや電気をあまり使わない方におすすめ!24時間同一の料金単価です。

    SoftBankのスタンダードS(東京)は、24時間同一の料金設定のプランです。そのため、1日を通して電気を使う方、一人暮らしなどで普段あまり電気を使わない方におすすめ。また、スタンダードS(東京)の電気料金は、基本料金が10Aから60Aまで細かく分かれているため、自分の生活に合わせて選ぶことができ、電気料金の節約に繋がります。

  • バリュープラン(東京)

    3人以上のご家族で暮らしているご家庭には最適!東京電力エリアにお住まいの方向けのプランです。

    SoftBank バリュープラン(東京)は3~4人家族など、ある程度人数がいるご家庭にぴったりの電気料金プラン。東京電力の従量電灯Bに相当しますが、約300kWh以上使っても年間を通しておトクに構成されています。 また、バリュープラン(東京)はピーク時を避けることで基本料金が安くなります!夏や冬など電力を多く使う時間帯を避けて賢く電気を使えば電気料金を節約することも可能!

  • プレミアムプラン(東京)

    大家族や電化製品が多い方におすすめ!かしこく使えばお得になるスマート契約です。

    SoftBankのプレミアムプラン(東京)は、電気をたくさん使う方に向いているプランです。家族が多い方や、電化製品が多い家庭などにおすすめ。プレミアムプラン(東京)は、夏季や冬季の電気をたくさん使いがちな時期に、かしこく節約することで電気料金が節約できるスマート契約を採用しています。過去11ヶ月の電力使用量が、電気料金に影響してくるので、ピークを抑えるほどお得に電気を使うことができます。

  • FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S(東京)

    電気の特徴にこだわりたい方は必見。再生可能エネルギーを利用した電気を使えるプランです。

    FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S(東京)は、SoftBankが提供する再生可能エネルギーで発電されたFIT電気比率の高い電力が使用できる電気料金プランです。 基本料金は10~60Aの契約アンペアで設定され、電力量によって単価が変わります。FITでんきプラン(再生可能エネルギー)S(東京)は季節や時間帯での単価変動がありません。エコな電力を使用してみたい方におすすめの電気料金プランです。

  • スタンダードS(中部)

    比較的電気を使用しない方に最適。電気料金が1年中同一料金で利用できるプラン。

    スタンダードS(中部)は、24時間同一の料金で利用可能なSoftBankの電気料金プランです。電力量料金が300kwh以下だと23円で、300kw以上の場合は30円になる段階制の料金となっています。時間に関係なく自由に電気を使用できますが、スタンダードS(中部)は主に家事などで一度にたくさんの電気を使用しない方や、平均的に電気を使用できる方におすすめの電気料金プランです。

  • バリュープラン(中部)

    節約した分だけ基本料金が安くなるスマート契約!節電にも繋がります。

    SoftBankのバリュープラン(中部)は、3~4人家族など電気をある程度使用する方におすすめの電気料金プラン。バリュープラン(中部)はスマート契約のため、夏季や冬季の電気を多く使う時期に、電化製品をかしこく使うことで基本料金を下げることができ、電気料金の節約にもなります。また電力量料金は最初の300kWhまでは定額の設定なので安心です。

  • プレミアムプラン(中部)

    家族が多い人におすすめ!節電することで電気料金が更にお得になります。

    SoftBankのプレミアムプラン(中部)は、電気をたくさん使う家庭や家族が多い家庭におすすめの電気料金プラン。基本料金はスマート契約なので、夏や冬のピーク時に電化製品をかしこく使えば基本料金単価を下げることができます。また、電力量料金は最初の400kWhまでは定額、400kWh以上は従量料金になる設定です。プレミアムプラン(中部)は、節電がそのまま電気料金の節約にも繋がるお得なプランです。

  • スタンダードX(関西)

    かしこく使えば基本料金単価が下げられる!節電が節約に繋がります。

    SoftBankのスタンダードX(関西)は、基本料金の設定にスマート契約を採用しているのが特徴のプラン。電気を多く使いがちな夏季や冬季に、電化製品をかしこく利用すると、基本の電気料金単価を下げることができ、電気料金の節約にも繋がります。スタンダードX(関西)は、一人暮らしや共働きで、普段電気をあまり使わない方におすすめです。

  • バリュープラン(関西)

    電気をよく使った月も、使わなかった月もお得!家族が多い方におすすめです。

    SoftBankのバリュープラン(関西)の特徴は、電力量料金が最初の300kWhまで定額なこと。1ヶ月の電力使用量が300kWhを超えなかった場合、未使用分100kWhでTポイント1,000ポイントか、スマホのデータ量3GBのいずれかで還元されるので、節電への意識も高まり電気料金の節約にも繋がります。バリュープラン(関西)は、24時間同一の電気料金設定なので、家族が多い方にもおすすめのプランです。

  • プレミアムプラン(関西)

    電力使用量の調節でお得になる大家族向けプラン。スマホとセットでもっとお得に!

    SoftBankのプレミアムプラン(関西)は、関西エリアにお住まいで、電力使用量の多い方向けのプラン。400kWhまでは定額、それ以上は24,60銭/1kWhの従量電灯に切り替わります。毎月の状況に合わせて電気料金を調整でき、使えば使うほど従来の関西電力の契約よりお得に。プレミアムプラン(関西)は、スマホやネット契約の併用で料金が割引されるほか、電気料金に応じてTポイントも貯まります。

企業情報

SoftBank
SoftBank(ソフトバンクでんき)

本社:東京都港区東新橋1-9-1

資本金:2,387億7,200万円

売上高:9兆1535億4900万円

事業開始日:2016年4月1日

会社概要

ソフトバンクは、スマホや携帯電話などの通信機器とインターネットサイト『ヤフー』、プロ野球の『ソフトバンクホークス』などで知られる一大グループ企業です。2015年3月時点で子会社数が769社、関連会社が120社という巨大カンパニーは、『情報革命で人々を幸せに』という経営理念のもとに、電力自由化で新電力としてソフトバンクでんきを立ち上げました。北海道、東京、中部、関西の各電力会社のエリアでこれまでよりも安い電気代になる電気料金プランの提供を始めています。電力自由化以前からのソフトバンクユーザーはもちろん、電力自由化で新電力としてのソフトバンクで初めてユーザーになった人でも家族全体が得するプランの提供をするのがソフトバンク流です。

電気料金シミュレーション