KDDI

事業開始日:2016年4月1日

電力会社のHPを見る

電力会社のサイトが別ウィンドウで開きます

auでんきの電気料金は、全国のエリア別に電力自由化前の電力会社の従量電灯と同じ形式の電気料金メニューが用意されています。また、電力自由化で市場参入した新電力のauでんきの場合、auユーザーにとってのお得が大きいという点も見逃せません。auのスマホや携帯電話とauでんきをセットで契約すると、毎月最大で電気料金の5%がauWALLETプリペイドカードにチャージされるという魅力的な特典が付いています。

  • 主なサービス
    移動体通信 (au携帯電話) 事業、固定通信 (ブロードバンド・インターネット/電話) 事業
  • 供給エリア
    関東, 北海道, 東北, 中部, 北陸, 関西, 中国, 四国, 九州

KDDIのオススメポイント

  • ポイント

    point1auが提携しているポイントは?

    auでんきは、他社のポイントシステムとの提携はしていないため、純粋にauユーザーが得になるポイントシステムになっています。auWALLETのポイントという形で貯まるため、auWALLETプリペイドカードかauWALLETクレジットカードを契約が必須になります。
  • セット

    point2auの魅力的なセット割とは?

    auのセット割はauスマホや携帯電話とのセットでauWALLETプリペイドカードへのキャッシュバック方式が採られている点が特徴的です。しかも、電気代が高いほどキャッシュバック率が上がります。1か月の電気代が5,000円未満なら1%のところ、5,000円から8,000円未満で3%、8,000円以上になると5%のキャッシュバックになります。
  • サービス

    point3auの付加プランの特徴は?

    auでは、スマホの利点を活かして、専用アプリを用意しています。電力自由化で新電力として参入したauでんきのユーザー家庭にはスマートメーターが設置されるため、スマホやパソコンで電力の使用量をチェックできたり、電気料金プランや電気代などのデータからおすすめの省エネ方法や省エネ商品を紹介してくれたりする便利なアプリです。

KDDIのプラン一覧  全 15 1~10件

  • でんきMプラン(北海道)

    一般的なご家庭向けのスタンダードプラン!契約アンペアで基本料金が異なります。

    でんきMプラン(北海道)は、auが提供する新電気料金プランです。最も選びやすく、一般的なご家庭に最適です。でんきMプラン(北海道)は北海道電力の従量電灯Bに相当する構成です。10~60Aの契約アンペアで基本料金が決まり、使用量に応じた電力量料金単価で毎月の電気料金が算出されます。時間帯や季節による単価変動がなく、迷ったらこれ!という決めやすさが特徴のプランです。

  • でんきMプラン(東北)

    24時間同一の設定で安心!時間帯に関わらず電気を使いたい方に向いています。

    auのでんきMプラン(東北)は、東北電力の従量電灯Bに相当する一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は10Aから60Aの中から家族の人数や生活スタイルに合わせて選べます。また、でんきMプラン(東北)は、電気料金設定が時間帯や季節によって変動しないので、1日を通して電気を使う方や常に在宅している方がいる家庭におすすめです。

  • でんきMプラン(東京)

    auスマホとセットで利用すると毎月のauでんき料金の最大5%相当分をキャッシュバック!

    auのでんきMプラン(東京)は、24時間同一の電気料金単価が設定されているプランです。そのため、1日を通して電気を使う方におすすめです。でんきMプラン(東京)は、基本料金は10Aから60Aまで設定されています。各家庭の生活スタイルに合わせて選ぶことができるので、一人暮らしの方から家族が多い方まで利用することができ、電気料金の節約にも繋がります。

  • でんきMプラン(中部)

    一般的なご家庭で選びやすい!契約アンペアに応じた基本料金と使った電力量料金で算定するプランです。

    でんきMプラン(中部)は、10A~60Aの各区分に設定された基本料金と、それに応じた電力量使用料金で構成されたauの電気料金プランです。 ベーシックで一般家庭で契約がしやすいのが魅力。中部電力の従量電灯Bに相当します。 でんきMプラン(中部)時間帯による単価の変動がないため、日々の電力使用量に気をつければ電気料金の節約にも繋げることができます。

  • でんきMプラン(北陸)

    選びやすくて使いやすいベーシックなプラン!契約アンペアによって基本料金が異なります。

    auが展開するでんきMプラン(北陸)は、一般家庭の方が利用しやすい電気料金プランです。また、でんきMプラン(北陸)は北陸電力従量電灯Bに相当します。 10Aから60Aの契約アンペアによって基本料金が異なり、使用量に沿った電力量料金単価によってその月の電気料金が算出される仕組みです。使用する時間帯や時期などによる単価の変更等も発生しないため、初めてのご契約におすすめです。

  • でんきMプラン(関西)

    auスマホとセットで利用すると毎月のauでんき料金の最大5%相当分をキャッシュバック!

    auのでんきMプラン(関西)は、一般的なご家庭での電気料金プラン。関西電力の従量電灯Aに相当します。 契約アンペアに応じた基本料金と、使用量に沿った電力量料金で構成されています。でんきMプラン(関西)契約時には、今までの電力会社での契約アンペアが適応されますが、後から変更が行えるので便利で安心。 でんきMプラン(関西)は時間帯や季節による料金単価変更がないので、使い方によって電気料金の節約も可能!

  • でんきMプラン(中国)

    24時間一定の金額で利用できる。まとまった時間に電気を使用しない方におすすめのプラン。

    auのでんきMプラン(中国)は、中国電力の従量電灯Aと同等の電気料金で展開しているプランです。24時間同一の電気料金で使用可能で、色々なライフスタイルの方に適しているでしょう。でんきMプラン(中国)は15kwh~120kwhは20円と段階制料金になっていて、300kwh以上だと29円になります。まとめて電気を使用せず、時間に縛られずに電気を使用する方に最適なプランです。

  • でんきMプラン(四国)

    1日を通して電気をつかう方、家族が多い方におすすめ!スタンダードなプランです。

    auのでんきMプラン(四国)は、四国電力の従量電灯Aに相当するプラン。最低料金は最初の11kWhまで374.00円(税抜)となり、電力量料金は3段階の設定になっています。でんきMプラン(四国)は24時間同一の電気料金設定のため、季節や時間を気にせずに電気を使用することができます。一般的な家庭におすすめの電気料金プランです。

  • でんきMプラン(九州)

    au携帯電話のご契約者は「auでんきセット割」で一層おトクに!契約電流60A未満の家庭用プランです。

    KDDIのでんきMプラン(九州)は契約電流10A以上60A未満を対象とした一般的な電気料金プランです。また、ご契約者本人またはご家族がau携帯電話を利用していることが加入条件となっています。でんきMプラン(九州)の電気量料金は24時間均一で、月間の使用量に応じた3段階設定。「特定の時間帯に集中して電気を使うことがない」「日中も家に居ることが多い」といった方は電気料金の節約が見込めます。

  • でんきLプラン(北海道)

    電気をたくさん使用するご家庭や商店にぴったり!単価も安くてお得です。

    でんきLプラン(北海道)は、auが展開する新電気料金プランです。北海道電力の従量電灯Cに相当します。電気機器が多く、電気をたくさん使用するご家庭や、商店や事務所などを経営されている方向けのでんきLプラン(北海道)。 契約主開閉器の定格電流に沿った契約容量から設定される基本料金と、使用量に合った電力量料金単価によって構成されています。電気料金を気にせず電気を使用したい方にはおすすめです!

企業情報

KDDI
KDDI(auでんき)

本社:東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー

資本金:1,418億5,100万円

売上高:4兆2700億9400万円

事業開始日:2016年4月1日

会社概要

auでんきは全国で携帯電話を初めとする通信事業を展開するKDDIが新電力事業として立ち上げたブランドです。全国を対象とした新電力で、「ついに電気は選ぶ時代へ!」をキャッチコピーにauユーザーを対象として、スマホや携帯電話とセットで申し込むと電気代が安くなる電気料金メニューを設定しています。一般家庭向けの電力自由化を機に電力事業に参加し、2016年4月1日からサービスを開始しました。電力自由化で参入した新電力として、誰が申し込んでも電気代が安くなる電気料金メニューを前面に出すやり方ではなく、auが展開する新電力として、auユーザーになると電気代でも携帯電話でも得になる電気料金メニューの設定をした点で独自性が見られます。

電気料金シミュレーション